捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

「優先チェックインカウンター」においてできること

f:id:romulus_k:20160808191309j:plain
SFC会員の特典の一つである「優先チェックインカウンターの利用」。

この優先チェックインカウンターで行うことができることと、そのメリットについて解説します。

 

優先チェックインカウンターのある空港

まず、優先チェックインカウンターはどこの空港にでもあるわけではありません。

f:id:romulus_k:20160815233018j:plain
(国内線の場合。ANA公式ページより引用)

ANA PREMIUM CHECK-INというのが優先チェックインカウンターのことを指します。
同じ名前なのに羽田空港だけ別の記載になっているのは、羽田空港のANA PREMIUM CHECK-INは専用のブースになっているからですかね。
他の空港にも、主要な空港にはほぼ設置されていると言っていいレベルですが、こちらは通常のカウンターの横に、プレミアムメンバー専用のカウンターとして設置されている形です。
「プレミアム」という表示の周りにマークが記されていますが、この優先チェックインカウンターを使える人はダイヤモンド会員・プラチナ会員・SFC会員・スターアライアンスゴールドメンバー、そしてプレミアムクラスの利用者です。

f:id:romulus_k:20160815234105j:plain
例えば新千歳空港だとこんな感じです。ちょっとわかりづらい写真で申し訳ありませんが、新千歳空港の場合は画像左側の「プレミアム」となっているところ(12番カウンター)が優先チェックインカウンターで、その右側が専用保安検査場、さらにその先に進と左側がANAラウンジ、正面に搭乗口、という構造になっています。案内板が「ANA LOUNGE→」となっているのはそのためですね。

国際線になると、ダイヤモンド会員はファーストクラスのチェックインカウンター、プラチナ会員・SFC会員はビジネスクラスのチェックインカウンター、ブロンズ会員はプレミアムエコノミークラスのチェックインカウンターを使うことができます。

f:id:romulus_k:20160816133143j:plain
その他、ダイヤモンド・プラチナ・SFC会員の場合はスターアライアンスゴールドのサインが表示されている優先チェックインカウンターを利用することができます。海外空港で重宝することがありそうです。

優先チェックインカウンターでできること

ここからは国内線の利用を前提としますが、優先チェックインカウンターでできることは、一般のカウンターと大きくは変わりません。

・搭乗手続き
・予約の変更、空席待ち、当日アップグレードの受付
・手荷物の預け入れ

一般のカウンターで行列になりがちなこれらの手続きを、スムーズに行うことができるというのが優先チェックインカウンターの何よりの利点です。
まあ、状況によっては必ずしもそうとはならず、一般カウンターの方が早いなんてこともたまにはありますが・・・

特にゴールデンウィークなどの混雑時は、カウンター前に行列ができてここだけで30分とか1時間とかかかったりしますので、少しでも早く手続きを終えることができるのは嬉しいところです。

ちなみにこの優先チェックインカウンターの使用、ANAの公式ページを見るとわかるのですが対象者はあくまでも「本人」のみです。つまり、同行者は対象ではない、ということになります。
・・・ただまあこのへん、正直グランドスタッフの裁量に任されているなあという面がありまして、例えばSFC会員の夫とSFC家族会員の妻、子供2人なんていう家族だと、子供2人の搭乗手続きのために改めて一般カウンターに並ぶということにはさせない場合がほとんどです。
その時の混雑の状況にもよるでしょうけどもね。正直同行者をわざわざ突っぱねて一般カウンターに並ばせるというのは、ルールとしては正しいんでしょうけども利用客からしてもANA側からしても苦労が増えるだけなんじゃないかという話なので、おおっぴらに同行者もOKですよと言いはしないものの、実際には黙認、というのが正直なところなのではないかと思います。

SFC修行で重要!?当日アップグレードの受付

上級会員じゃないのに、この優先チェックインカウンターを使うことができるという話なんですけども。

例えばSFC修行の段階では、プレミアムクラスを利用する時だけこの優先チェックインカウンターを使うことができるというわけなのですが、いつでもプレミアムクラスというわけにはなかなか行きません。
タイムセールの旅割75などで座席を確保しておいて、当日アップグレードを試みるということも出てきます。

その際の受付は、一般カウンターでももちろんできますが、優先チェックインカウンターでもできるんですよね。
全然上級会員じゃないんですけど、しれっとした顔で「当日アップグレードの受付お願いしまーす」みたいな感じにできるんです。もちろん、空席待ちという形になってもちゃんと整理券を発行してくれます。

何が大きいかって、これによって整理券の番号をできるだけ早くできるということですよね。「同じ種別の間では」という条件付きではあるものの、とにかく早い者勝ちなので、少しでも空いているカウンターを使う方が望ましいわけです。

どちらでも使えるということを知っているかどうかで、もしかしたら番号が変わるかもしれませんので、知っておいて損はない豆知識だと思います。

余談ですが、当日アップグレードの受付は、空席の有無によらず、迷わずにチェックインカウンターへ向かうことをお勧めします。
公式ページだと自動チェックイン機でもアップグレード、空席待ちができるというようなことが書いてあるんですけど、座席自体の空席待ちと当日アップグレードの空席待ちが違うのかなんなのか、一度もうまくいったことがありません。
ブロンズ事前サービスの状態で、さらに既にネットでプレミアムクラスの空席が確認されている状態で「さすがにこれは自動チェックイン機でできるだろう」と思って操作したら、「アップグレードポイントがないのでアップグレードできません」となって、9000円を支払う方法がわからず結局カウンターに向かうということがありました。
事前サービスの状態ですから、そりゃアップグレードポイントがあるわけないんですけどね。最近では自動チェックイン機をすっかり使わなくなって、スキップサービスじゃない時はあっさりカウンターに向かうようになりました。

まとめ

優先チェックインカウンターは、空港での搭乗手続きをスムーズにするために非常に効果的です。
特にGWやお盆、年末年始といったような混雑する時期、混雑する時間帯などに列に並ぶ時間を短くし、快適にすることができるでしょう。
またSFC修行においても、プレミアムクラスへの当日アップグレードの際には活用して効率よく利用したいところですね。