読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

SFC修行前にANAカードを持つべき2つの理由

f:id:romulus_k:20160808181930j:plain
SFC修行における最終目標は「スーパーフライヤーズカードの発行」です。
PP単価を意識したフライトスケジュールの調整や予約、といった実際の「修行」の他に、絶対にやっておいた方がいい「ANAカードの発行」について、解説します。

SFC修行においての必須アイテム

SFC修行を始める前に、絶対に準備しておいた方がいいものがあります。
それは、「スーパーフライヤーズカードに切り替え可能なANAカード」です。
ANAカードの種類について書いた記事でも取り上げましたが、SFC修行においては、これを必ず事前に準備しておくべきです。

www.romulus-k-anaume.net

「ANAカードであってもSFCへの切り替えができないカード」は、
・ANA To Me CARD PASMO JCBカード(ソラチカカード)
・ANA VISA Suicaカード
・ANA Top&ClubQ PASMO Masterカード
・ANA アメリカン・エキスプレス・カード
以上4つです。
それ以外のANA一般カード、ANAワイドカード、ANAワイドゴールドカード、ANAダイナースカード、ANAプレミアムカードは切り替え可能です。
以前の記事と重複するので、詳細は以前の記事もご参照ください。

これがなぜ事前に準備した方がいいかと言うと、スーパーフライヤーズカードがクレジットカードであり、所持のために審査が必要になるからです。
事前に「スーパーフライヤーズカードに切り替え可能なカード」を審査に通過して所持している場合、切り替えの時点での再審査はありません。つまり、何の問題もなくSFCを手に入れることができます。
まあ正直な話、ダイナースカードとかプレミアムカードを所持するような属性の人には、審査落ちとかあまり関係ないと思いますけどね・・・それでも短期間に多重申込が続いている状態とかだと、いつかは必ず審査に落ちます。

これがもし、切り替え可能なカードを持っていない場合は「新規入会」の扱いになります。新規入会には審査が伴い、この審査に落ちてしまうとスーパーフライヤーズカードを手に入れることができない、ということになります。
そして怖いのは「一度クレジットカードの審査に落ちると、半年間はその他のカードの審査にも落ちる可能性が高い」ということです。
CICという審査情報機関に、クレジットカードの審査に落ちたという情報(正確には「クレジットカードの申込の情報があるのに、成立した情報がない」=「落ちた」という情報)が残ってしまうためです。この情報が消えるまでに、約半年かかります。

SFC修行をいつ始めていつ50000PPを達成するかにもよりますが、修行を継続しない限り最大でも申込可能な期間は約2年間、ということになります。3月までに達成する最短のパターンでSFC修行を終えたとして、事前サービスが開始した時点ですぐに申し込めば仮に審査に落ちたとしても半年をあけながら4回チャンスがありますが、それでも4回です。非常に落ち着かない期間を過ごすことになりますし、家族カードの発行をしたい場合なども遅れます。

実際には、SFCの審査に落ちた、という話はそれほど多く聞かれません。自営業とか、主な住まいが日本じゃない、という場合には、若干発行しづらくなるという側面があるようですが、ゴールドカードの所持基準も20歳以上という条件になっていますし(VISA、Masterは以前30歳以上でしたが2016年6月か7月頃にひっそり20歳以上に変更になりました)、安定した収入のあるサラリーマンで、かつクレジットカードの延滞の記録もないというような場合にはある程度年収が低かったとしてもまず審査に落ちるということはないと思います。年収300万円でも正社員だったら問題なく作ることがレベルと言われていますね。

先に持っておいた方がいい2つの理由

それでも、やっぱり自分はあらかじめ準備しておいた方がいいと思います。

まず1つ目に、安心感がまるで違う、ということがあります。SFC修行には時間と費用と、時にはその両方を多く要します。実行する以上、失敗するわけにはいかないというのが正直なところです。
実際に自分の場合、2月にSFC取得を決意して、3月末のフライトの予約を入れ始めたのに対して、ANA VISA ワイドゴールドカードを発行したのは5月のことです。その間、SFCに申し込む時の審査落ちが不安で不安で、ずっとそればっかり調べていました。
取得できた時の安心感は大きいものでした。
「ああ、これで問題なくSFCに切り替えられる」と。

2つ目の理由として、SFCの新規入会が書面での申込となる、ということが挙げられます。
この場合、切り替えよりも確実に時間がかかります。
事前サービスが始まってまずANAに連絡して書面を取り寄せて、必要事項を記入して送付し、そこから初めてクレジットカード会社の審査が始まります。
対して先に発行しておく場合は、オンラインでの申込が可能ですので、書面の場合に比較して郵送の手間がかからない分確実に早い発行が可能です。

自分の経験から言っても、先に所持しておくことは必須と言っていいと思います。絶対に先に発行するべきです。特に、マイルをSKY COINに交換して現金の持ち出しを少なくするという修行を計画していて、陸マイラー活動を本格的に行っている人は必然的にクレジットカードの発行が増えることになりますので、多重申込に十分注意してください。

事前にどのカードを持っておけばいいか、という部分について詳しくは、以前の記事を参照してください。
個人的なお勧めは、繰り返しになりますがANA VISA ワイドゴールドカードです。修行中の恩恵もありますし、年会費の割引もあるのでコストパフォーマンスに優れます。

まとめ

SFC修行前には、事前にSFCに切り替え可能なANAカードをあらかじめ持っておくべきです。
フライトの予定を立てたり予約をするのと同時に、ANAカードの発行についても実行しておきましょう。

費用も時間もかかるSFC修行を開始して、いざ50000PPを達成しても肝心のSFCが発行できないということになってしまうと泣くに泣けません。
事前にしっかりと準備をして、万全の状態で臨むようにしたいものです。