捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

ANA VISA ワイドゴールドカードを申し込んだ時に失敗した話

f:id:romulus_k:20160828221912j:plain
SFC修行における必須アイテムといえば「スーパーフライヤーズカードに切り替え可能なANAカード」です。

中でもANA VISA ワイドゴールドカードは所持している人が最も多いのではないかと言われるANAカードですが、その申し込みで失敗したというお話です。

SFCを取りたいなら、そもそも最初に作るカードが違う

今でこそクレジットカードの情報を集めるのが大好きな自分ですが、ちょっと前まではそうでもありませんでした。

というよりは、実際には「お得なクレジットカードの使い方」とか「ポイントを活用するクレジットカードの選び方」とか、そういうキーワードには敏感に反応していたんですよ。これまでも。
ただ、クレジットカードの決済金額が少なすぎて、そういうもののメリットを実感できるところまで全く至っていませんでした。

結果、若い頃に作った「ヨドバシゴールドポイントカードプラス」を、ひたすらずっと使い続けるという形になっていました。
その前にAmazonのカードを作ったのが一番最初に作ったクレジットカードだったのですが、発行中止になってなくなってしまいましたね。(今あるAmazon mastercardとは別のものです)

「まあ、現金で払うよりは1%でもポイントついた方がいいんじゃね?ヨドバシで結構買い物するし・・・」という程度に思いながら惰性で使っていた自分が、2015年に結婚し、一通りの生活基盤を整え、さて新婚旅行やー!となって行き先を決めたのが2016年1月の出来事。行き先はオーストリア、ハンガリー、チェコ、スロバキアの中欧4ヶ国です。
使う航空会社がオーストリア航空⇒スターアライアンス加盟の航空会社だからつまり・・・⇒ANAのマイルが貯まる⇒ANAカード作った方がいいんじゃね?ということを、この時になって初めて考えました。

で、当初はSFC修行とか全く考えていなかったので、とにかく年間の維持費が安くすむANAカードを考えたんですよね。前述の通りクレジットカードの決済金額なんてたかが知れているので、マイル貯まっても期限内に使えるだけ貯まらねーぞ、と。
そんなわけで選んだのが「ANA VISA Suicaカード」。
この選択自体は、間違ってはいません。年間維持費が一番安く済む、とてもいいクレジットカードです。
ANAカードの種類とどれを持つべきかは、以下の記事もぜひご参照ください。

www.romulus-k-anaume.net

誤算だったのはまあ、この後ですね。
新婚旅行に浮かれた自分、行き先とか乗る飛行機の機種とか、いろいろと調べ始めたわけなんですけど、まあー調べたらおもしろいことおもしろいこと。
これは・・・新婚旅行だけで終わらせるのはもったいないなと。

そして、SFC修行に行きつきます。
かつて社会人なりたての頃、JGCを取ろうと思って調べてみたこともありました。ただ休みも取れないし、お金も大して貯まっていないし、何よりも当時、飛行機に乗ってどこかに旅したいと大して思っていないという致命的な理由があって挫折していました。

しかし今は、もっともっと飛行機に乗りたい!
これから先、子供を授かって、家族旅行に行ったりするかもしれない。
その時にSFCの資格があったら、便利に快適に旅行ができるんじゃないか。
そういう感じに、実にANA VISA Suicaカードを申し込んで1週間くらいでなっていったわけです。

ANA VISA Suicaカードは特に発行が難しいカードでもありません。2/7に申し込んだそのカードは、2/18に手に入りました。ここまでは大丈夫だ、問題ない。
ところがその日、もう1枚同時に別のクレジットカードを申し込んでしまっていたんですよね。たぶんこれは大丈夫じゃない、問題だ。

この2枚のカードは、同時に申し込みはしましたが運よく両方とも発行されました。

自分の属性を鑑みるに、おそらく普通の状態だったら「スーパーフライヤーズカードに切り替え可能なカード」例えばANA一般カードを申し込んだところで、まず落ちることはないでしょう。1枚だけだったとはいえある程度のクレジットヒストリーはありますしもちろん延滞などありません。
しかしこの「既に2枚カードを発行した状態」からさらに申し込みを続けるのは・・・かなり抵抗がありました。

しかし時は既に2月に入っています。プレミアムポイント積算の対象となる「暦年」は、もう歴然とスタートしてしまっているわけです。
選択を迫られます。2016年、今年にやるのか、1年待って、来年2017年にやるのか。

最初は、1年じっくり時間をかけて陸マイラー活動をちょっと本腰入れて、2017年に修行しようと思っていました。
しかし今後のライフプランを立てたりなんだりすると早い方がいい。もうオレも若くない。そして新婚旅行でプレミアムポイントが得られるのは今年だけだ。それなら今年の方がいいんじゃないか・・・!

いやしかし、今オレにはSFCに切り替え可能なANAカードがない・・・!
それはあまりにもリスクが大きいのではないか・・・!

というような葛藤を繰り返した挙句にですね、結局見切り発車でさっさとフライトの予約をスタートしてしまったわけです。
2月に申し込んだこの2枚のカードの申込記録は、8月1日で消えることになります。
そのくらいまでかけて50000PPを達成して、満を持していきなりANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカードを申し込んでやろうじゃないかと。

一応下準備として、2月にCICに情報開示をして、勤務先やら住所やらが過去のままになっていたやつを登録し直したりとか、キャッシング枠を全部0にしたりとか、審査が通りやすくなるような小手先の対応はやっておきました。
(CICの情報については、最下部関連記事もぜひご参照ください)

そして始まるSFC取得への道

で、3/25からSFC取得へのフライトを開始して5月に入って、ここまでで新千歳⇔関西のプレミアム旅割28での往復を4回終え、プレミアムポイントが16520ポイントになったあたりでふと、思いました。

もうワイドゴールドカード申し込んじゃった方がいいんじゃね?と。

なぜかと言うと・・・当初8月~9月に達成予定だった50000PPが、7/10もしくは7/17あたりで達成できる予定になったのです。
3月に6月中の北海道・沖縄路線の旅割75のタイムセールがありまして、6月は毎週末どこかしらに行くという予定を立てたりとか、新千歳⇔関西だった予定のところに関西⇔那覇を組み込んだりしたということもあって、達成までのスケジュールを前倒ししたんですよね。
今考えると、もうちょっと落ち着いてフライトしてもよかったんじゃないかと思ったりもするんですけど、とにかく早く達成して安心したかったんですね。
それだけ、ANAのプラチナ会員というのが、それまで雲の上の存在だったわけです。自分とは縁遠い、関わり合うことのない世界のことであると。

しかしこの「もう50000PP達成してるよ。スーパーフライヤーズカードに申し込むことができるよ」という状態で、CICの申し込み情報が消える8月まで、果たして自分はスーパーフライヤーズカードの申し込みを我慢することができるのであろうか?と。
否、おそらくできないであろう、と。

それなら、5月にワイドゴールドを申し込んで7月達成後に切替しても同じではないか、と。

さすがに2月に申し込むのには抵抗があって保留していましたが、先に述べた通り、この時申し込んだものはどちらのカードも問題なく発行されていて、もう既にどちらも普通に口座振替で支払いが行われている状態です。もちろん、延滞などありません。
特にANA VISA Suicaカードは、発行元が同じ三井住友カードということもあってかなり多くの金額を費やしていました。

さらに言えば、いきなりスーパーフライヤーズカードを直接申し込むことに抵抗を感じる理由がもう一つありました。
それは、スーパーフライヤーズカードは「書面のみの申し込み」である、ということ。

たぶん、切替じゃなく直接SFCを申し込んでいる人ってかなりの少数派だと思うので実際のところどうなのかはわからないのですが、自分の場合、一番心配なのは「審査に通ったのか通ってないのかがわからない期間」なわけです。
入会申込書を発送してもらって返送して、そこからカードが送られてくるまでの2~3週間の間に審査結果OKでしたーNGでしたーってのは連絡あるんだろうか?否決の場合はまあ、郵送だろうけど可決の場合って、メールで確認できるんだろうか?
そんな疑問があったので、オンラインで申し込みができるワイドゴールドカードの方がいいなあ、と。
陸マイラー的な視点をちょっと入れれば、ポイントアップの期間かどうかはわかりませんが、少なくともポイントサイト経由で数千マイル程度の差にはなるだろうし。

さらにワイドゴールドカードは、オンラインでの口座振替手続きまでが終了すれば最短3営業日での発行が可能です。
ANA VISA Suicaの時は2/7の9:00頃にオンラインで申し込み終了後、翌日に審査OKのメールが来て、2/17に不在届け投函→2/18に受け取り、という形だったのでそのくらいかと思ったら、交通系ICが入っていると遅くなるらしいです。

早く発行してもらえるのであれば、6月1日から行く新婚旅行にもゴールドカードを持っていける。その後控えるタイムセールでのフライトはプレミアムクラスじゃなく普通席なので、カードラウンジも使える。ずいぶんとメリットがあるじゃあないか。
これは思い切って、申し込んでしまおう!

そして申し込みへ・・・

そう思って2016年5月8日0時過ぎ、申し込みをしたのですが・・・
ANA VISA Suicaの時とほとんど変わらない情報を入力し、手続き。
変わった点もほとんどなし。賃貸マンションの居住年数が1年未満→1~5年未満になったのと、年収を源泉徴収票から正確に書いた方が高かったのでそっちにしたのと、平均よりは持っているであろう貯金金額を入力したのと、というくらい。
ほんで、残りはオンラインの口座手続きやー、というところで・・・

金融機関の受付時間外かなんかでうまいこと処理できなかったから、郵送の対応にするわ。
入会申し込み書発送するから返送してね。返送されてから2~3週間でカード発行するでー。

というような表示になり・・・
ぐぼあ。こらやっちまった、と。
銀行のオンライン口座手続きが可能な時間には制限があるということを知らなかったんですね。

これから入会申込書を受け取って返送して、そこから2~3週間ってなると・・・ちょうどそのあたりは6月だ。日本にいないということになってしまうわけで。
うーん。よろしくない。これはよろしくないぞ。

まあ、やっちまったもんは仕方がない、ってなもんで。対策を考えましょう。

一回この申し込み自体をなかったことにできれば、もっかいオンライン口座手続きできる時間帯に申し込めばそっちのが早いよなあ、とか。
何とか書類の発送、あるいは返送後の処理を早めてもらうことはできないか、とか。
そもそも入力されてる口座番号とか見ればわかると思うけど、ANA VISA Suicaカードの振替口座と全く同じなんですけどそのへんで何とか早くなりませんか、とか。
思うところはいろいろあったのですが。

三井住友カードの場合、インターネットで発行状況の確認ができます。
これが5/9の6:30くらいの時点では

f:id:romulus_k:20160830232131j:plain
という表示に変わっていました。

ちなみにこの表示は、審査が通っているのか通っていないのかということでよく話題になります。
実際のところは「カードが到着するまでは審査中(入会申込書返送後に審査がある)だが、否決の場合は書類送るまでもなくお断りされるので、ほぼ通過と考えていい」とされている表示です。

うーん・・・まあどうやら発行はされそうな雰囲気だけども・・・
このまま書類の到着を待ってすぐに返信して、というようにしてみる場合。
郵便局にあらかじめ「不在届」を出せば、最大30日間までは預かっててくれるらしい。
簡易書留の場合も、通常7日間の保管期限がそのまま延長される、と。

www.post.japanpost.jp

やっておけることとしたらこのくらいかなあ。
新婚旅行行って帰ってきて、一番最初にやることがカードの受取、みたいな。
でも、できれば早く受け取りたい。
何とかならないか・・・

迷っても仕方がないんで聞いてみました。
三井住友カードのFORYOUデスクに電話をして状況を伝えてみたら、入会案内デスクの方に電話が代わり、方法として提案されたことが・・・
①今回の申し込み自体をなかったことにして、オンラインの口座振替が行える時間帯にもう一度始めから入力する
②このまま書類による受付として、入会申込書を速達にて配送
このどちらかです、と。
まあ、想定していたものとほぼ同じような対応をしてくれるようです。ただ②の方は、入会申込書を速達で送ることはできてもその先を早めることはできないようで、①の方が早いのは早いですね、という感じでした。

速達にしたところでおそらく1日2日とかしか変わらないのでここは①を選択。
電話連絡を以てキャンセルにしてくれるということでしたが、その後1時間くらいして審査状況見てもさすがにまだ上の画像と同じでした。
(18:40くらいにそれぞれの審査状況確認しても同じでした。発行部に責任持って私が伝えますよ、という感じの返答だったので翌営業日の対応という感じかもしれません)
クレジットカード申し込みの入力内容は昨日入れた内容を控えておいたので、そっくりそのまま同じ内容を入力することができました。

で、入力し直したのが5/8の16:00くらい。今度は入力内容のチェックもさることながら、オンラインの口座振替も問題なく終了。

まあ、結果としてやり直しにはなってしまったんですけど、一旦書類の送付表示になったことで「実質審査通ってる」ことを確認してから行動できたので、これはこれでよかったかなあ、と。
それにしてもデスクの方の対応がすごく丁寧で優しくて癒されました。状況伝える間もこっちはカード発行される前提で話してるので「お客様、入会申込書を返送いただいた後に審査がございます・・・」とか言われてもおかしくないんですけど、そんな感じは一切なく、向こうもカード発行前提で話している感じでした。
「書類をご自宅宛に送付させていただきます」=「審査通過」説は、このあたりからも有力だなと思いました。
とはいえ、2回申し込みしてしまったことが影響して否決されてしまったらどうしようとか、カードが来るまではとにかく不安で落ち着かない。お前の心臓はミジンコか。
デスクの人の話では、審査結果のメールが届くまでに3日、という話だったんで焦るにはまだ時期が早いって話なんですけどもね。

翌日5/9の19:00頃確認したところ・・・
新たに申請した方は入会手続き中のまま。審査通過メールが来るのを期待していましたがまだだったようです。
書類送付になっていた方を照会したところ

f:id:romulus_k:20160830232629j:plain
という表示になっていました。
処理自体は進んでいるようです。

さらに翌日5/10、18:00頃。今日くらいにはメール来てるかなーと思ったのですが、まだ上記の状態。
またミジンコが疼きだします。これは・・・もしかして、落ちた?
オンラインを通じた「らくらく発行」が、「最短」3営業日ということはいろんなところに書いてあるのですが、「最長」がどのくらいなのかは書いてないので、そのへん確認する意味も込めて入会案内デスクにまたまた電話してしまいました。デスクの方、仕事増やしてごめんなさい。

通常は、申込完了からカードが手元に届くまで「7~10日」。
大体、申込の当日か翌日に審査結果メール→2営業日後に発送→簡易書留が届くまで4日くらい、で7日というところかな?
自分の場合は当てはまりませんが、キャッシング枠を希望していて収入証明が必要な場合などは書類の送付・返送が伴うためさらに長くなる、と。
審査結果については、入会案内デスクでは情報がわからないのでカード発行部から翌日連絡するようにしますと提案をいただきました。
同時に、「お急ぎでしょうか?」と聞かれました。いえ、ただ単に落ちたんじゃねーかと心配なだけなんですごめんなさい・・・
もし落ちたとしたらどうしようかなあ、ANAアメックスゴールドにそのまま突撃してみようか・・・とか考えてしまいますからね。
悪い予想は膨らむもので、これで落ちたら修行開始時期を完全に誤ったただのバカなやつですから。
もう一個気になることで、審査結果が落ちている状態で、その書類(いわゆるお祈りの手紙)が手元に届くまでにオンラインから照会した場合、先に落ちたという情報がわかるのか?というのがあったのですが、これは入会案内デスクの人では全くわからないということでした。

ついでに、入会申込書送られてきてる=いわゆる一次審査通過、ってことじゃないの?ってことも一応聞いてみましたが、これもわかりませんということでした。そりゃそうですよねー。

翌日5/11の9:25頃、カード発行部から連絡が。
これからメールも送るけど、5/13(金)にカードを発送できるので来週中旬頃には届くのでは・・・ということ。

自分「えと・・・カードは発行していただける、ということでしょうか?」
デスクの方「はい、発行の手続きに入っております」

はー。安心しました。そしてデスクの方、発行部の方、何回も連絡して申し訳ありませんでした。ありがとうございました。これからもよろしくお願い致します。

そしてその20分後くらいに審査結果のお知らせのメールが届き、審査状況照会が以下の画面に変わりました。

f:id:romulus_k:20160830232726j:plain
いやー焦った焦った。そして安心しました。

この表示になってさらに翌日5/12の23:40頃、Vpassにログインしてみたところ、おまとめログインサービスの登録案内の表示になりました。

そして5/15に到着。実際には不在通知が届いて翌日にカード受け取り、という形でしたが日数で言えば申込をした日からちょうど7日でカードが手元に届いたということになります。非常にスピーディーですね。大切に使っていこうと思います。

で、気になったのは、こういう場合CICの照会記録はどうなるのかな、と。
実際に開示して確認してみました。

f:id:romulus_k:20160830234434j:plain
(一部の情報を消しています)
しっかり2件、申込情報が登録されています。
他社から見た場合にはどこの会社に申し込みをしたのかわからないはずなので、この状態で他のカードに申し込んだら「2枚申し込んだけど片方否決された」というように判断されるのかもしれません。
できることなら、申込情報をいたずらに増やすこういううっかりミスはしたくないものですね。

他の記事でも書いていますが、これから先にSFC修行を検討する方には、あらかじめワイドゴールドカード(に限らず、SFCに切り替え可能なANAカード)をしっかり所持してから修行に入っていく、という流れを強くお勧めします。
出張やなんかで元々飛行機に搭乗することが多くて、帳尻合わせに修行するという人ならともかく、自分のような非出張族で旅行でしか飛行機に乗らないという人は特に。
一旦修行を開始したら後戻りできませんし、安心感が違います。
ワイドゴールドカードならカードラウンジも使えますしね・・・

ANA VISA ワイドゴールドを発行できないんじゃないかと思ってヒヤヒヤした数日。オンライン口座振替手続きができるクレジットカードを申し込む時には時間帯に注意しないといかんですね。という話でした。

関連記事

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net