捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

SFC取得への道その3~日帰り関西~

f:id:romulus_k:20161123112727j:plainSFC取得への道その3。今回はスケジュール中唯一の日帰り回です。
行き先はもちろん関西空港。空港周辺を1日でどれだけ楽しむことができるか、という感じで行ってみました。

新千歳から日帰り関西、は現実的か?

<フライト詳細>
2016/4/24 新千歳→関西 プレミアム旅割28 17600円 2065PP(PP単価8.52円)
2016/4/24 関西→新千歳 プレミアム旅割28 19400円 2065PP(PP単価9.39円)

今回も行き先は関西空港。やっぱりこのPP単価の効率の良さは捨てがたいものがあります。後は、新千歳→関西の朝一の便が7:30発と早いので、関西空港に着いた後の行動時間を長くできるというメリットがありますね。
帰りは若干PP単価が高いですが10円を下回る値段でまあギリギリ許せるレベル。

普通あんまり札幌から関西に日帰りで旅行なんてしないでしょうからね、まだ「修行」といってもいいレベルかな、と思ったりもしますね。

朝の流れはその1、その2と全く同じような感じです。前回、ちょっと早く空港に着きすぎて若干時間を持て余した感があったのでそれを修正して、いい感じの時間に着くようにした、くらいでしょうかね。4時半くらいに起きて、ちょうど2ヶ月先の6/25~6/26のフライトの予約・購入をしてから家を出ました。
空港に向かう途中、予約を確認するためにANAのアプリを起動したところ、帰りの便が「霧のため、天候調査中です」ってなってました。マジかと思いましたが、どうやら天気予報を見る限り問題なさそう。若干心配にはなりますが心配していたところで仕方がないのでとりあえず空港へ。

f:id:romulus_k:20160907235724j:plain今日も今日とて、ANAラウンジでは充実野菜とすなっくみっくすおつまみ。
他にも飲み物いろいろあるんですけど、なんとなくいつも充実野菜を選択してしまいます。今回のKindle Fireのプライムビデオのお供は「バックドラフト」。
なぜバックドラフトかと言えば、朝に予約していた6/25~6/26に、奥様とUSJに行く約束をしたからです。人生初のユニバーサルスタジオジャパン、予習しておかなきゃドキドキワクワク、みたいなそんな感じです。小学生かおまいは。

どうでもいい情報ではありますけどバックドラフトって2時間17分ありまして、そこそこ長い動画なんですよね。ラウンジでちょっと見て、後は機内で見るという感じになるんですけど、2時間ちょっとの飛行時間でKindle Fireを見ていられる時間ってやっぱりちょっと限られるので、結果見終わるのにはすごいギリギリでした。
後、これまで何回かやってきて思いましたが、特にプレミアムクラス利用の際はCAさんとお話する機会が多いので、動画を見たり音楽を聞くよりは読書でもしていた方がコミュニケーション取りやすいかなあ、と。好みの問題ではありますけどね。

f:id:romulus_k:20160908062100j:plainさてさて今回もお待ちかねのプレミアムGOZEN。
前回が4/9、今回が4/24ですので基本メニューの構成は同じです。

f:id:romulus_k:20160908062239j:plain

f:id:romulus_k:20160908062426j:plain

今回のメニューは
・オニオンポテトサンドイッチ
・マスカルポーネサンドイッチ
・オリーブピクルス
・明太子スパゲティサラダ、玉子
・ミニトマト、ブロッコリー、リーフ
・杏仁豆腐(みかん)
・完熟トマトスープ

構成は同じですが全く同じメニューというわけではないんですね。
変わらず、トマトスープがおいしかったです。
飲み物はコカコーラゼロにしました。

f:id:romulus_k:20160908062659j:plain食後にコーヒーをお願いしたら、定番の「いわてまり」をいただきました。
レーマンのフォンダンビスキュイに比べると一口サイズでちょっと軽い感じですかね。サクサクしておいしいです。

ほんとラウンジでもガブ飲み、機内でもガブ飲み(ソフトドリンクですけど)。とにかく飲み物を飲み続けているような状態だなあと思いつつ、ほぼ定刻通りに関西空港へ到着。

ちなみに新千歳⇔関西の路線は、ほとんどの場合で16番搭乗口、よくても17番搭乗口に到着します(下記赤丸参照)。これ、遠いんですよね・・・
16番搭乗口からは、ANAラウンジまでが大体3~4分、南海電鉄とかJRの駅まで行こうとするとさらにプラス5分くらいは見込んでおいた方がいいという距離です。

f:id:romulus_k:20160909225626j:plain

関西国際空港|KIXマップ


さて今回は日帰りなので、あまり遠くに出向くことができません。
どこに行こうか検討した結果「神戸空港」と「りんくうプレミアムアウトレット」に行ってみることにしました。
関西空港からは、神戸空港まで「神戸―関空ベイシャトル」という高速フェリーが運航されています。
普通これを使う場合は、神戸空港からポートライナーに乗って三宮駅まで行くということが多いんじゃないでしょうかね。飛行機で関空に着いて、そこから神戸空港に移動してまた飛行機、というパターンもなくはないと思いますが、切符の売り方がポートライナー前提、という感じでしたね。切符売り場のおじさんも、ポートライナーの接続ある?え?ないの?みたいな感じでした。
ちなみにここでもKIX-ITMカードで割引になります。往復2460円からさらに下がって、往復で2050円でした。

www.romulus-k-anaume.net

f:id:romulus_k:20160909230922j:plain購入の時点で、往復分の乗船券が渡されます。

関西空港からベイシャトルに乗るための桟橋までは、専用の連絡バスを使います。
連絡バスの乗り場は12番。チケットカウンターのすぐ近くです。
(以下、公式ページからの引用です)

f:id:romulus_k:20160909230320j:plain
乗り場ご案内|神戸-関空ベイ・シャトル


9:45頃に関西空港に着いて、次のベイシャトルが10:50発。
若干時間を持て余したのでターミナルビル内を散歩してました。

f:id:romulus_k:20160909231231j:plain予定通りにバスが出発して、桟橋へ。ちょっと走ったらすぐ到着します。

f:id:romulus_k:20160909231420j:plainいざ、乗船です!

f:id:romulus_k:20160909231513j:plain船の定員は110名(内バリアフリー席が6席)。船内は広く、座席は2-4-2の構成ですがシートピッチも広くて足元ゆったり、という感じで快適でした。
他に乗っている人もほとんどいませんでしたね。乗船率15~20%くらい、といったところだったでしょうか。

f:id:romulus_k:20160909231718j:plain

f:id:romulus_k:20160909231805j:plain30分くらいで神戸空港側まで着きます。神戸空港側のベイシャトル(海上アクセスターミナル)から神戸空港までは連絡バスもあるのですが、歩いても5~6分、ということで歩いて神戸空港まで向かってみることにしました。

f:id:romulus_k:20160909232221j:plain

f:id:romulus_k:20160909232350j:plain天気もよかったのでだいぶ暑かったですね。徒歩5分よりはもうちょっとかかるかな?という感じだったのと、途中2車線の割と大きな道路があるのですが横断歩道がなく、車通りは多くなかったので問題なかったものの、隙を見て渡るところがありました。

f:id:romulus_k:20160909232616j:plain行き方間違えてんのかもしんない。でもここ通ってちょっと歩いたらすぐ神戸空港です。

f:id:romulus_k:20160909232737j:plainさて神戸空港に到着。
ただまあ、ここから飛行機に乗ってどこかに行くわけではないですし、特にやることもないのでただお昼ごはんを食べてまっすぐまた関空に戻ります。

f:id:romulus_k:20160909232923j:plainその前に展望デッキをお散歩。飛行機はこのスカイマークの機体1つだけでした。神戸空港は我らが道民の翼AIR DOも何便か運航しているので見れたらいいなと思っていたんですけど、本数も少ないしタイミングが合いませんでしたね。

神戸空港ターミナルの3階にいくつかお食事処がありまして、神戸だから洋食でしょう!ということで最初「神戸洋食キッチン」に行こうかと思っていたのですが、思いのほかの行列。だいぶかかりそうだなということで選んだのが・・・

f:id:romulus_k:20160909233332j:plainはい。またうどんにしました。こっちも混んでましたねー。ただ、セルフ形式のうどん屋さんなので回転は早くて、ほとんど待つことはありませんでした。

f:id:romulus_k:20160909233501j:plain冷やしぶっかけうどん+からあげ串+ちくわ天。おいしかったです。
食べ終わった後は空港内の散策もそこそこに、神戸のお土産にコンディトライ神戸の「フレンチトーストラングドシャ」を買って神戸空港を後にして、またベイシャトルで関空に戻りました。
行きが10:50関空ターミナル出発→11:31神戸空港側ターミナル到着。
帰りが12:30神戸空港側ターミナル出発→13:10関空ターミナル到着、という形になったので正味1時間弱の滞在です。

f:id:romulus_k:20160909233953j:plain行きの時は気が付きませんでしたが、ちょっとしたお散歩スペースみたいなところがありました。

関空に戻ってきた後、朝の懸念事項だった帰りの最終便の「霧のため天候調査中です」がどうにも消えないので、天気予報も晴れだし伊丹発の便とかJAL便とか、最終便が出発する頃に新千歳とかから関空に到着する便の運航情報を見たりもしていたのですが他の便には一切出ていなくて、カウンターに聞いてみたのですが直前になるまで情報はわからない、おそらくそういう予報が出ているのだと思う、という返答でした。
若干腑に落ちない状態でしたがまあこの状況で飛ばないってこたーないだろうということで今度は「りんくうプレミアムアウトレット」へ。
先ほど使った12番乗り場にまた並び、今度は関空展望ホールを経由しながらりんくうプレミアムアウトレットまで向かう「スカイシャトル」というバスに乗ります。運賃は200円、20分ほどで着きます。
周りはアジアな旅行客の方ばっかりでしたね。韓国の人が多かったかなーという感じでした。

f:id:romulus_k:20160909234853j:plainりんくうプレミアムアウトレットは、その名の通りアウトレットモールなので買い物好きにはたまらない場所なんじゃないでしょうかね。
ブランドの店が軒を連ねていましたが、1人ですし特に買うものもなく。結構な広さがあるので、一通り散策して周ってるだけでも楽しいと思いますね。2人ならね。
パフォーマーのイベントとかもやってました。

f:id:romulus_k:20160909235222j:plainりんくうプレミアムアウトレットに来て、買い物もしない、食べたり飲んだりしない、となるともうやることは限られます。
来る前に一通り調べてみて、まあ時間を潰すことになるならここしかないな、というところがありました。
プレミアムアウトレットと隣接したエリア「りんくうプレジャータウンシークル」に入っている温泉施設「りんくうの湯」です。

f:id:romulus_k:20160909235512j:plain温泉施設なので入り口の写真だけです。いいお風呂でした。
マンガがかなりたくさん置いてあって、子供たち大喜びみたいな感じでしたね。若干長風呂しすぎて汗が引くまでマンガ読んで待機してましたが結構時間かかりました(笑)

帰りも同じく、スカイシャトルで帰ります。関空展望ホールに寄る時間もあったので、バスを途中で降りてしばらく飛行機眺めてました。やっぱり関空ならでは、Peachの機体がたくさん離陸していきましたね。その他もLCCが多かった気がします。

f:id:romulus_k:20160909235926j:plain

f:id:romulus_k:20160910000059j:plainしばらく飛行機眺めてから、今度は展望ホールとターミナル間の無料バスで第1ターミナルまで戻ります。
後はラウンジで一休みしてから帰るだけ、という感じだったのですが若干早く着いてしまって、小腹がすいていたのでちょっとだけお腹を満たすことに。
関空でごはん!と言えば。

f:id:romulus_k:20160910000412j:plainせっかく関西なんだから551の肉まんとか、たこ焼きとか食べればいいだろという話なんですけど。
「関空食堂」で、ごはん、納豆、白身魚フライを食べました。お値段387円、実に質素なお食事です。なんでか急に納豆が食べたくなったんですよねー。

この後、ANAラウンジで実に1時間半近く時間をつぶして、余裕ありすぎる時間で最終便に。霧の話はどこへやら、やっぱり何の問題もなくあっさりと定刻通りでした。
帰りも搭乗口はもちろん一番遠い16番です。ラウンジで搭乗案内される時も「なお、16番搭乗口はラウンジを出られましてから徒歩にて若干の距離がございます。どうぞお早めにお越しください」的な一言が付け加えられますからね。

帰りのプレミアムGOZENは、お隣の席にも人がいたので撮りづらかったのと「ああ、3/27の時のやつと同じだなー」と思って写真撮らなかったんですけど、微妙にちょっと違っていた気がします。基本は同じなんですけどね。

今回で新千歳⇔関空を3往復。獲得PPは12390PPになりました。
まだまだ50000PPには遠いなー!

関連記事

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net