捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

SFC取得への道その5~唯一の修行回?関空経由那覇~

f:id:romulus_k:20161123112255j:plainSFC取得への道も5回目になりました。今回も例によって「SFC修行」とは名ばかりの旅程ですが、全行程の中で一番修行に近いフライトではあったと思います。

行き先は関西空港を経由して那覇へ。これまで行ったことのない沖縄でしたが、滞在時間も短く、あまり経験のない乗り継ぎをすることと、プレミアムクラスを堪能するというのがメインになりました。

元々は日帰りの予定だったのに事件が・・・

<フライト詳細>
2016/5/21 新千歳→関西 プレミアム旅割28 2065PP 19700円(PP単価9.54円)
2016/5/21 関西→那覇 旅割45+当日UG 1847PP 23000円(PP単価12.45円)
2016/5/22 那覇→関西 プレミアム旅割28 2247PP 20900円(PP単価9.30円)
2016/5/22 関西→新千歳 プレミアム旅割28 2065PP 16600円(PP単価8.04円)

実はこのフライトの予定は、最初は次のように5/22だけの日帰りになる予定でした。

2016/5/22 新千歳 7:30 →関西 9:45 プレミアム旅割28 2065PP
2016/5/22 関西 19:20 →新千歳 21:10 プレミアム旅割28 2065PP

SFC取得への道その3(4/24日帰り関西)と同じ便で、関西空港での滞在時間を最大になるようにする旅程です。新世界まで行って串カツ食べて帰ってくるとか、和歌山県まで南下して和歌山ラーメン食べて帰ってくるとか、そんな感じの予定を考えていました。

5月22日のフライトの予約開始日は「搭乗2ヶ月前の同一日9:30」ですので2016年3月22日の9:30です。もちろん、この時間にパソコンの前に陣取って、ジャストをめがけて待機していました。

・・・のですが。
この日、この時間、何があったか。と言いますと。

影響があった人もいるのではないでしょうか、ANAの国内線システムの大規模障害です。4台のデータベースサーバーに障害が発生し、朝から大混乱だったあの日です。
羽田空港の大混雑っぷりが報道されたりもしていました。

www.ana.co.jp

当然予約システムは動いておらずエラーが出っぱなし。予約できるはずがありません。元々9:30って普通に仕事してる時間なんですよね。ただウェブからの予約なら5分もあればパパっと終了してしまうので「お願いします昼の時間ちょっとずらしてこの時間だけちょっと確保させてくださいお願いします」という感じで何とかこの時間、パソコンの前でANA SKY WEBを操作させてもらう時間をもらっていたんですよね。

それがこの大規模障害で、いつ復旧するかもわからない。夕方に一応ANAカードデスクに電話してみたりもしましたが、もちろん大混雑でいつ繋がるかもわからない。復旧を待つ以外に方法がありませんでした。

結果、搭乗手続きに関するシステムの復旧が11:30頃、予約システムはその後もしばらく復旧していなかったと思います。で、この間に何があったかというと、昨日21日の夜には空席を確認していた、22日の19:20関西空港発新千歳空港行きの便のプレミアム旅割28が満席になってしまったんですよね。

日帰りの旅程を強行すれば、それよりも早い14:55発の便にはまだ空席があって、なんならそっちの方が値段も安かったのでSFC修行ならそっち選んでおけばええやんけという話ではあるんですけど、やっぱりこの滞在時間は物足りない。
それなら21日の夕方の便で関西空港に向かって1泊して、次の日の14:55の便で戻って来ようと、そういうことにしたわけです。

ここに関西⇔那覇をくっつけるかくっつけないか

3月22日にこのフライトを確定させて、その後しばらく、この後のプレミアムポイントの獲得スケジュールについてずっと試算する状況が続きました。
というのも、6月1日から6月8日まで予定していた新婚旅行がJTBのパッケージツアーなので、マイルやプレミアムポイントが積算対象かどうか、何%積算されるのかはっきりしなかったんですよね。
一応、3月11日の時点で往路がLクラス(30%)、復路がWクラス(50%)の予定ですよということは連絡してもらっていたんですけど、これも確定ではありません。確定するのは出発の約3週間前、5月12日頃ということで、プレミアムポイントのことだけを考えると実に曖昧な状態だったのです。

そんなわけで、3月の後半から4月の初めはずっとこのスケジュール立てに追われることになりました。50000PPギリギリを目指さなければそんなに意識することもないんですけどね。「いつ自分は、プラチナ会員になれるのか?SFCを申し込むことができるのか?」を、できるだけはっきりさせておきたかったんですよね。

3月22日と言えば、まだ最初のフライトも始まっていない日です。後の予定を考えている間にもうとにかくスケジュールを前倒しして「少しでも早くSFCを取りたい!」という思いが日に日に強くなるような状態で、かなり迷いましたがこの5月のフライトに、関西⇔那覇の往復をさらにくっつけることにしました。

2016/5/21 新千歳 17:20 → 関西 19:35
2016/5/21 関西 20:10 → 那覇 22:15
2016/5/22 那覇 11:10 → 関西 12:55
2016/5/22 関西 14:55 → 新千歳 16:45

こんな感じになりました。21日の関西→那覇はプレミアム旅割28の空席がなく、ちょっとPP単価は落ちてしまいますが仕方なく旅割45で確保し、当日アップグレードを狙うことに。全部プレミアム旅割28で確保できれば完璧だったんですけど、なかなかそう上手くはいきませんね。

SFC修行は計画的に。心配症なあなたには、特にしっかりと検討した上での路線選択をお勧めします。

 

仕事終わりでそのまま新千歳空港へ

21日土曜日、仕事を終えてそのまままっすぐ新千歳空港へ向かいます。この便のプレミアムクラスの空席は、20日の朝の時点で4席。どうやらプレミアム旅割28以外の予約は入っていなかったようです。
当日アップグレードを狙うのに、ずっと空席状況を調べ続けながら新千歳空港に向かうか、敢えて調べずに向かうかを迷いましたが、結局調べずにはいられませんでした。

そして、どうせ調べるんなら多い方がおもしろいだろうということで、できる限り頻回にチェックすることに。
20日22時頃に3席となった後、21日の4:00、8:12、8:48、9:30、10:00、10:30の時点でも3席のまま変わらず。
8:48にチェックした時点で、機体を手配できなかったという理由で、乗る予定だった便より2つ前の11:55関西→14:10那覇の欠航が決定。もしかしてこれの振替で空席減るかなーとか心配したんですけど、那覇行きは伊丹からも出ているしさすがにこの時間に欠航が決まって、その次の便じゃなくてさらにその次の便に振り替えという人は多くなかったようです。

「このまま3席あれば余裕・・・どうか空いていてくれ!」

と思っていたら、11:24にチェックした時2席に減っていました。

「ぬおー埋まってきとるやんけ!残っててくれー」

さらに11:45、12:04、12:20、12:35、12:56、13:10、13:32、13:38、13:42にチェックしていましたがいずれも2席。最後の方とかもう4分あいただけでチェックしちゃってんのね。必死すぎるだろと。
で、最終的には、最後にチェックしたのと新千歳空港に到着したのがほぼ同時だったので、そのまま問題なくアップグレードに成功しました。
ふー危ない危ない。
なんでこんなに必死だったかと言うと、この時既に確定していた旅程のPPを合計すると、この時のアップグレードが成功すれば後は今決まっている旅程を予定通りにフライトするだけでプラチナ達成が確定するという状況だったんですよね。
何よりも安心感を得たいという心配性な自分としては、ありがたい結果でした。

優先チェックインカウンターで当日アップグレードを申し出たんですけど、GSの方から「アップグレードはポイントでなさいますか?」と聞かれました。
「え、あ、・・・ん?あ、えと、カードでお願いします(挙動不審)」みたいな変な返しになりましたけど、自分まだプレミアムメンバーじゃないので、アップグレードポイントがあるわけないんですよね。「ポイントでお願いしますー余って仕方がないんでHAHAHA」みたいにできるくらい、たくさん乗れてればいいんだけどなーと、ちょっと思いました。

元々新千歳から関西への便はプレミアム旅割28で予約しているのでさっさと保安検査場通ってANAラウンジを使ってもいいんですけど、さすがに時間が開きすぎているのでカードラウンジを使ってみることにしました。
新千歳空港のカードラウンジは「スーパーラウンジ」。フードコートとか展望デッキの近くで、保安検査場からは若干距離があります。

f:id:romulus_k:20160917235811j:plainこれがフードコートの窓際から見える飛行機です。写真もきれいに撮れるので、飛行機好きにはお勧めですね。

f:id:romulus_k:20160917235944j:plainフードコートのすぐ近くに、こんな感じでラウンジがあります。
7割くらい席が埋まっていて、人の多さにびっくりしましたが広さはそこそこあって、割と静かな空間が広がっています。1時間くらい、アセロラドリンク飲んでiPhoneいじって過ごしてたような気がしますね。

14時半頃にスーパーラウンジを出た時に、iPhoneのケースがいきなり壊れるという事態が発生。しばらく2階のショッピングモールでいろんな店回って急場しのぎに使えそうなケースないかなーと思ったんですけど、さすがにありませんでした。
しばらく裸の状態で使うことを余儀なくされて若干落ち着かない中、15時半頃に保安検査場を通ってANAラウンジへ。

17:20のフライトですからこの時点からでもさらに2時間近く待ち、という状態です。

f:id:romulus_k:20160918000928j:plainだいぶ時間があるので、すなっくみっくすおつまみとビールをいただきながら待っていたのですがさすがに長かったですね。
ラウンジ大好きRomulusさん、普段は「もっといたいなー物足りないなー」と思うくらいなんですけど、さすがに多少時間を持て余した感がありました。

新千歳から関西の便は定刻通りに出発。
出発の時すごい天気がよくて、日も高くて、この時間でもずいぶんと明るくなったもんだなあーと思いました。ボーディングブリッジから急いで撮った写真が残っていたんですけど明らかに窓枠が邪魔で全然きれいじゃないので載せるのやめました。スターアライアンス塗装の機体でしたね。

f:id:romulus_k:20160918001419j:plainさてさてお待ちかねのプレミアムGOZENです。

f:id:romulus_k:20160918001536j:plain尋常じゃなく写真が下手くそですけど、この時のメニューは
・ロールキャベツ白味噌仕立て(絹さや、桜麩)
・にしん有馬山椒煮
・かにグラタン
・筍と海老の挟み揚げ
・グリーンピースご飯
というものでした。この白味噌仕立てのロールキャベツがすごくおいしかったですね。
飲み物はペリエと食後のコーヒー。コーヒーと一緒にプレミアムクラス定番のお茶菓子「いわてまり」も2個いただいて、全部食べたらもうかなりお腹いっぱいでした。

乗り継ぎをする予定の関西→那覇行きは、前日のメールでは19番搭乗口、ということだったんですけど機内に乗り込んで機内モードにする時に最後のメールチェックをしたら、18番搭乗口に変更になっていました。

新千歳から関西に到着する便の搭乗口は大体一番遠い16番搭乗口なので、ちょっと近くなってよかったなと思っていたら、機内のアナウンスで「18番搭乗口に着陸します」という放送が。あら、同じ搭乗口だな。

・・・と思っていたらですね。
関西空港に到着して、降りる時にですね。

自分「(チーフパーサーの方に)ありがとうございましたー」
CAさん「あ、お客様、この後沖縄便お乗り継ぎですよね?」
自分「え?あ、はいそうです(乗り継ぎの時ってなんか手続きいるのかしらどきどき)」

CAさん「また同じクルーが担当させていただきます。お待ちしております」

自分「(゚Д゚) あ、はい、よろしくお願いします・・・」

という感じになりました。
これはあれじゃないか、SFC修行と言えば!という「辱め」じゃないか。
この辱め、普通は例えば羽田→那覇→羽田と戻る時に同じクルーの担当で「ただ飛行機乗って帰ってくるだけじゃないのこの人・・・何やってんの?」みたいに思われそうってことで辱めと言うわけで、自分の場合はただの乗り継ぎだしありえないフライトじゃないんでまあ気持ちだけですけど、ちょっと似た気分を味わうことができました。逆に得したわ。

この後、KIX-ITMカードのフライトポイントを積算するためにまず出発ロビーにある端末へ向かって、強引に今来た「新千歳→関西」の分を積算しようとやってみたら、出発と到着が逆になっちゃってるけど普通に積算されて、「ああ、いけるやん」と思ってそのまま「関西→那覇」の分を積算しようとしたら「もう積算されてるよ」ってエラー表示が。到着時刻から出発時刻までは約35分。どうしようか迷いましたが、そこはもう何度も来ている関西空港。到着口から一旦出てフライトポイントを積算して、そのまままっすぐまた保安検査場を通って戻って来るというのにさほど時間はかからず、余裕で間に合いました。搭乗口行ったら数分でもう優先搭乗開始、という感じで、結構忙しい乗り継ぎにはなりましたが・・・

そして、さっきまで乗っていた飛行機に戻ります。
座席こそ一応違うものの、元々8席しかないB737ですので、ほぼ同じ場所です。

CAさん「お帰りなさいませ。お待ちしておりました」

うはは。こら確かに恥ずかしいですわ。
同じ路線往復で言われたら(/ω\)ってなっちゃうのもうなずけますね!

関西空港到着の時点でもう結構な勢いでお腹いっぱいで、もうプレミアムGOZEN食べられないかも・・・と思っていたのですが、貧乏根性が発揮されたのかなんなのか搭乗してからの20分くらいで一気に消化されたようだったので、既に何回食べているかわからない「関空を夜に発つ便のプレミアムGOZEN」をいただきました。

f:id:romulus_k:20160918003850j:plain・牛肉時雨煮
・小松菜、油揚げ煮びたし
・玉子身蒸
・菜の花
・桜麩
・高野豆腐
・筍
・鰆味噌漬け焼き
・花茗荷酢漬け
・人参と胡瓜の松葉串
・穴子錦糸巻き寿司(煮穴子、薄焼き玉子)
・桜餡茶巾
・焼き豆腐田楽
・赤、黄パプリカ
・炊き合わせ(鶏団子、蕗、わかめ、青もみじ麩)
・鱒ご飯(鱒ほぐし身、白魚、わらび)

見比べてもらうとわかるんですけど、メニューは3/27のものと全く同じでした。
さすがに飲み物は温かい緑茶を一杯もらっただけでお腹いっぱいでした。時間的には新千歳→関西の135分に比べて関西→那覇が125分ですのであまり変わりないんですけど、割とすぐ到着したなーという感覚でした。

降りる時CAさんに「ありがとうございました。長旅、お疲れさまでした」と声をかけられましたが、このへんの細かい対応はありがたいものです。

人生初、那覇到着!

さてさて人生初の那覇空港!とテンション高めに行きたいところですがいかんせん到着が遅すぎることもあって、急ぎ足でゆいレールの乗り場へ向かいます。しかし飛行機降りた瞬間からもう暑くて・・・天気があまりよろしくないということも影響しているとは思うのですが、湿度が高くて若干ジトッとしてるのが北海道とは違うところだよなあと思いました。

お宿に選んだのは「KARIYUCHI LCH」。理系マイラーさんにも紹介されていたローコストのホテルです。

rikei-miler.com

このホテルは「本館」「2nd」「PREMIUM」という3つの建物がありまして、予約の時特に指定はなかったんですけど2ndの方に通されました。

f:id:romulus_k:20160918004654j:plain

KARIYUSHI LCH.【公式】<かりゆしLCH>|那覇泉崎のVacation Style HOTEL


県庁前駅から徒歩4分。ちょっとだけ歩きますけどそこまで苦ではないレベルです。
本館で受付をした後、そこからほんとにちょっとだけ離れたところにある2ndまで向かって部屋に入り、那覇空港からここまでの移動だけでじっとりと汗をかいてしまっていたので洗顔して、またすぐに外出。

今回、絶対に行っておきたい場所があったのです。

県庁前駅から見て北東に「みかど」「三笠松山店」「一銀食堂」というお店があります。

3ヶ所とも、沖縄の有名な定食屋さんなんですけど全て24時間営業なんですよね。
今回の旅程だと、夜中か朝一に行ける場所じゃないと時間的に厳しいので、着いて夜食を食べて寝る、という形にしました。

f:id:romulus_k:20160918005405j:plain「みかど」と「三笠松山店」はほとんど隣くらいの位置関係にあります。
どっちにしようか迷ったんですけど今回は「三笠松山店」をセレクト。

f:id:romulus_k:20160918005514j:plainで、食べたかったのがこれです!沖縄の「ちゃんぽん」。
沖縄のちゃんぽんは、ごはんものなんですよね。ランチョンミートとかひき肉と野菜を炒めたものを卵でとじた具が乗っている丼です。

お味噌汁が付いて、お値段550円。とってもリーズナブル!
もう23時過ぎてましたけど結構な混み具合で若干びっくり。ひき肉と玉ねぎのみじん切りがカツ丼とかに似た感じの、醤油ベースの味付けをされているという感じでおいしかったです。
2つのプレミアムGOZENを食べた後なので満腹具合が完全にやばい状態になりました(笑)

上の写真でもあんまり天気よくないのがわかるかと思うんですけど、食べ終わって店を出たら、ずいぶんと強い勢いの雨でした。土砂降りと言ってもいいくらいの強さで、傘はさしているんですけど0時近くになってようやくホテルに戻ってきたらもう、カバンから何からビッチャビチャの状態でした。
さすがに時間が遅すぎるのでシャワー浴びてさっさと寝ましたが、ダブルベッドなので広々で快適でした。

沖縄2日目も雨

到着が遅かった割には、起床は早めで7時10分頃にはホテルを出ていました。滞在時間が短い今回の旅程、少しでも現地でやることを増やすためには寝てなどいられない、と。
今日もあいにくの天気で、朝から傘をささなければならないという状態でしたが、我慢して国際通りの方を歩いてみることに。国際通りと言えば、沖縄と言えばここ!というくらいの場所ですけどいかんせん朝の7時ですからね。開いているお店なんかコンビニしかありませんし、人もほとんど歩いていません。ただなんとなーく沖縄っぽさを感じるだけという何とも寂しい、人生初の国際通りでした。
国際通りを通りつつ、目的の場所は昨日の地図にあった3軒の内の一つ「一銀食堂」。沖縄と言えば沖縄そば。ソーキそばを食べたい!というのがずっとあって、朝ごはんにこれを食べてみることにしました。

f:id:romulus_k:20160918011051j:plain

f:id:romulus_k:20160918011137j:plainソーキそば650円。いやーこれ、美味しいですよねー。
あっさりとした、ダシの効いたスープに、しっかり味の付いたソーキ。たまらんです。
このくらいあっさりさっぱりしてると、朝ごはんでも十分食べられるなあ、なんて思ってましたら、隣の隣くらいに座っていた若者は、朝8時という時間にがっつりとステーキ定食を食べていました。すごいな(;´Д`)

フライトの時間は11:10。後3時間くらいあります。首里駅までゆいレールで向かって、歩いて首里城まで行って、ちょろっと外観だけ見て戻ってちょうど10時くらいに空港に着くかな?という計画を立てたのですが、この一銀食堂から一番近い美栄橋駅まで向かう6分ほどの道のりの間でかなりの雨で、切符を買う瞬間まで迷っていましたが最終的にさっさと那覇空港に向かうことを選択。天気さえよければもっといろんなところ行きたかったのに・・・

そんなわけで那覇空港到着が8:45です。いやーずいぶんと早い。
昨日の行き、新千歳空港で時間を持て余しまくっていたのを彷彿とさせますが、こんな時の時間の使い方として、ラウンジ大好きRomulusさんはそらラウンジ行きますよね。
ANA FESTAで沖縄のおみやげをいくつか見繕ってから、まずは「カードラウンジ華」へ。

f:id:romulus_k:20160918012040j:plain新千歳空港のスーパーラウンジと同じく、ビジネスブースみたいな感じになっているところでiPhone充電しながらアセロラドリンク飲んで時間をつぶしていたんですけど、朝割と早い時間なのにそこそこの人がいましたね。ビジネスブースも最初誰もいなかったんですけどすぐ満席になりました。

9:40頃だったかと思いますがカードラウンジを後にして、保安検査場を通ってANAラウンジへ。いろんなところで「那覇空港のANAラウンジは混んでいる」というのを見るのですけど、なるほどこれは確かに混雑だ。

f:id:romulus_k:20160918012218j:plain

f:id:romulus_k:20160918012319j:plain

f:id:romulus_k:20160918012403j:plain入った時にはあまり人がいなかったので隙を見て写真撮れましたが、この後は人がわんさか入って来る状態でした。
空港の規模の大きさの割にはスペースが狭いかな?という印象ですね。中のスペース、この2枚の写真に写ってるスペース以外ほとんどありませんからね。
うーん、これはANAスイートラウンジも作るわなあ。と、思いました。

ソーキそばを食べてアセロラドリンクを飲んで、既にお腹いっぱいではあったんですけど貧乏性が炸裂してオレンジジュースを飲みながら、ここまでの記録用のメモを残したりしつつ時間つぶし。10時45分頃に、そろそろ優先搭乗の案内があるかなあと思ったあたりで周りを見回したら、8割方の席が埋まっていましたね。
さすがにここまで人が多いと、ゆったり落ち着いて過ごす、という感覚があまりしません。

優先搭乗で乗り込む機体は、B777-200。これまで乗ってきた機体は全てB737-700かB737-800で、どちらもプレミアムクラスの席数は8席しかありません。
B777-200は21席あるので、かなり広いなあという感じでした。大きい機体なので、その分優先搭乗も多いです。

優先搭乗で我先にと乗り込んだ後はいつものようにさっさと毛布かけて休んでたんですけど、通路挟んで隣にいた女性の方がCAさんに何かを話しかけられてて、ちらっと聞こえたのが物珍しそうな物を見る驚きの声で「空港の外には出られたんですか?」という言葉。
どうやらこれは・・・おぬし、修行僧ですな?
おそらく、関西空港8:20発、那覇空港10:25着の便で那覇に来て、そのまま折り返しの11:10発関西行きに乗っていたのだと思います。
昨日「辱め」をちょっと体感した気分でいたら、その次の日には「辱め」を受けている人を見ることになりました。これもまた、貴重な経験。

お腹いっぱいですけど、プレミアムGOZENはおいしくいただきます。

f:id:romulus_k:20160918013404j:plainメニューは
・厚焼き玉子、蒲鉾
・白身魚の幽庵焼き
・はじかみ
・豚肉の牛蒡肉巻き炙り焼き
・炊き合わせ(醤油いいだこ、里芋、南瓜、湯葉、桜人参、スナップエンドウ)
・菜の花明太子和え
・つぼ漬け
・鶏と玉子そぼろ焦がしねぎご飯
というものでした。やっぱり、ごはんが美味しいです。コカコーラゼロとホットコーヒーをいただき、後はしばらく爆睡していました。シートベルトサインが点灯して、荷物を膝の上に載せないといけなくなった後も、荷物抱えたまま寝てましたね。
関西空港に到着した後も、先ほどのおそらく修行僧の方がCAさんに話しかけられてて、「この後はまたどこかに行かれるんですか?」とかそんな感じの会話の後、気まずそうな感じで「ポイントのために」「後ちょっとなので」という言葉がちらっと聞こえました。

ああやっぱり修行僧なんだろうなあと思いましたが、この辱めは恥ずかしいですね。
ちょっとそっとしておいてくれればいいのにと思っちゃう気もします。
だってほら、修行僧なんて、そこらじゅうにいるでしょう?(きょとん)

関西空港に到着後は、フライトポイントを積算して13:00頃に2回目のKIXエアポートラウンジへ。最近になってちょっと力を入れているクラウドソーシングでANAマイルをゲットするという作業をちょっとやってから、フライトの約1時間前にまた保安検査場を通ってANAラウンジへ。
ラウンジでは青汁をいただきつつ、昨日壊れたiPhoneケースをネットで探して、同じものがもう既に販売終了になってしまっているのを知ってがっかりしたり。

優先搭乗の時間を見据えて、トイレに行ってから万全の体制で搭乗口(安定の16番)に向かったら、フライトの時間を5分勘違いしていて若干搭乗口で待つ形になりました。あぶねーあぶねー逆でなくてよかった。

帰りはプレミアムSABO。サンドイッチは4/10のものとさほど変わらないものでしたが、今回はお菓子の方を持ち帰ってみることに。

f:id:romulus_k:20160918014354j:plainCAさんがベテランぽい人で、持ち帰りの袋を渡してくれるだけじゃなくておかきとかまで一緒に入れてくれていました。ほんとこういうホスピタリティは素晴らしいですね。

貧乏性なので飲み物はしっかりいただき、アップルジュースとコカコーラゼロを選択。

新千歳空港に予定通り到着後、出口周辺で大量の修学旅行生がいました。
バゲージクレームに大量に待つ修学旅行生を見ると、こういう時に手荷物優先は役に立つだろうなあと思いましたね。

この後はJRで快速エアポートに乗って札幌まで向かい、帰路に着きました。

プレミアムポイントはさすがに乗り継ぎもあった分多くて、往復合わせて8224PP。
合計は24744PPにまでなりました。ようやく半分、といったところなのですが、このくらいまでプレミアムポイントが増えてくると、近づいてきたなあという感じがしますね。

これまでの飛行機の経験では絶対に得られない貴重な経験をしました。