読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

クレジットカード決済でマイルを得る最適な方法はどれか

f:id:romulus_k:20160828221912j:plainソラチカカード、ANA VISA ワイドゴールドカード、Extremeカード(エクストリームカード)、LINE Payカード+ファミマTカード。
現在、クレジットカードでANAマイルを得るために効率的(あるいは必須)と言われるクレジットカードたちですが、置かれる状況によってどのカードをメインにマイルを得るのが賢いか、考察してみます。

クレジットカード決済のマイル獲得はあくまで補助

身も蓋もない話ではありますが、クレジットカード決済でのマイル獲得はあくまでも補助的な役割です。

お得になる情報を逃さず、少しでも多くのマイルを獲得するという陸マイラーの基本に立ち返った時、現在はクレジットカード決済でのマイルを獲得するよりも効率的で考えるべきことがたくさんあります。ちまちまと決済方法を考えるよりも、正直なところポイントサイトでより多くポイントを得られる案件でも探した方が有益だと言えるかもしれません。

だからまあ、陸マイラー活動という側面で見れば、クレジットカードの比較をすること自体にはあまり意味がないとも言えます。
カードで100万円200万円くらい決済が必要な分のマイルが一気に手に入ったりとか普通にありますのでね。

それでもお得を追求する姿勢は大事

それでもやっぱり、少しでも多くのマイルを稼いでいきたい、というのが全ての陸マイラーの願いです。

どうせ100万円を決済するなら、0.5%の還元率で5000マイルしか手に入らないより、1.5%の還元率で15000マイルが手に入る方がいいでしょう?

そんなわけで一応、比較検討してみることにしましょう。

3つの選択肢の違いを比較する

ソラチカカードに関する記事の最後で、ちょろっとこの3つを比較はしてみました。
どういう状況だとそれぞれが最善の選択肢となりうるのか、もう少し詳しく考えてみましょう。

①年会費
ANA VISA ワイドゴールドカード・・・税込15,120円
※マイペイすリボ、WEB明細サービスへの登録+年6回以上の請求で税込10,260円まで割引
エクストリームカード・・・税込3,240円
※年間の決済金額が30万円を超えれば翌年度無料です。
LINE Payカード、ファミマTカード・・・どちらも年会費無料

年会費という面だけを見れば、作りやすいのはエクストリームカードとLINE Payカード、ファミマTカードです。
もちろん年会費はただかかるというだけではなくてその他のベネフィットの対価と考えられますので、それだけで良し悪しを判断することにはならないのですが、所持することへのハードルはやっぱり年会費無料の方が低いと言えるでしょう。

②海外旅行保険
クレジットカードを複数持つ場合、あるかどうかを見ておくといい項目に「海外旅行保険」があります。国内旅行保険はなくてもまあいいけど、海外旅行保険はあった方が安心、という人も多いのではないでしょうかね。
それも、重要なのは死亡保障ではなく、使う可能性が最も高い「傷害治療保険」があるかどうか。そしてそれが、カードの利用によらず得られる「自動付帯」であるかどうかです。

  ソラチカカード ANA VISA ワイドゴールドカード エクストリームカード LINE Payカード ファミマTカード
海外旅行保険付帯 自動付帯 自動付帯 自動付帯 なし なし
傷害死亡・後遺障害 1,000万 1,000万+4,000万利用付帯 2,000万 なし なし
傷害治療費用 なし 300万 200万 なし なし
疾病治療費用 なし 300万 200万 なし なし
賠償責任 なし 5,000万 2,000万 なし なし
携行品損害 なし 50万 20万 なし なし
救援者費用 100万 500万 200万 なし なし
家族特約 なし あり なし なし なし

※2016年10月現在

海外旅行保険については、ダントツでANA VISA ワイドゴールドカードに軍配が上がります。自動付帯はもちろん、19歳未満の家族にも保障が付く家族特約付きです。
まあゴールドカードなので他より手厚いのは当然なのですが・・・
エクストリームカードも、自動付帯でそこそこの保障内容と言えるのではないでしょうか。比較としてソラチカカードのものも載せてありますが、実はソラチカカードに限らずANA一般カードは、海外旅行保険については貧弱です。傷害治療費用などの保障がありませんので、これだけでは物足りません。
LINE PayカードとファミマTカードには海外旅行保険自体がありませんので、さらにそれ以下です。海外旅行をするなら別のカードを持たないと心細いです。

③マイル還元率
全て、ソラチカカードとの併用を前提にした場合、ですが。
ANA VISA ワイドゴールドカード・・・最大約1.71%
※年間300万円以上の決済とマイペイすリボの手数料を毎月発生させる手順が必要
エクストリームカード・・・1.35%
LINE Payカード+ファミマTカード・・・最大2.12%(LINEポイント1.62%+Tポイント0.5%)

マイル還元率だけで言えば、LINE Payカード+ファミマTカードに軍配が上がります。
ANA VISA ワイドゴールドカードより簡単に、高いマイル還元率を得ることができます。

例えば年間300万円決済したとして、それぞれのカードで貯まるマイル数は単純計算で
ANA VISA ワイドゴールドカード・・・51,300マイル
エクストリームカード・・・40,500マイル
LINE Payカード+ファミマTカード・・・63,600マイル
という形になります。この差を大きいと見るか、小さいと見るか。ここは人による判断が分かれるところだと思います。
個人的には、ここまで差が出るんだったらLINE Payカードに食指が動くかな、と思います。

④ANAカードマイルプラス
ANAカードによる決済をした場合に、通常のクレジットカードポイントとは別にマイルが積算されるのが「ANAマイルプラス」。
対象となるのはANA航空券の購入の他、ENEOSや出光などのガソリンスタンド、セブンイレブンなどのコンビニなど多岐に渡ります。

例えばANA航空券の購入の場合、1%のマイルが還元されますので、
ANA VISA ワイドゴールドカード・・・2.71%
エクストリームカード・・・1.35%
LINE Payカード+ファミマTカード・・・最大2.12%
という形になり、ANA VISA ワイドゴールドカードが最もお得な第一選択となります。

マイル還元率は対象のショップによって異なりますが概ね0.5%還元のところが多く、またキャンペーンの実施で一時的に上がったりもするので、これらの店舗での買い物が多い場合にはANAカードであるANA VISA ワイドゴールドカードが有利になってきます。

それぞれがどういう場合に最良の選択肢となるか

①ANA VISA ワイドゴールドカードが最良となる場合
・SFC修行を考えている場合
・海外旅行保険に頻繁に行く場合
・年間決済金額が多く、毎月の手間を惜しまない場合
・ソラチカルートが渋滞している場合
・ANAカードマイルプラス対象店舗の利用が多い場合
・ANAカードマイルプラス対象店舗がどれなのか考えるのが面倒な場合
これらの場合にはANA VISA ワイドゴールドカードが最もお勧めになると思います。
特に、SFC修行を考えている場合。
スーパーフライヤーズカードは、一般カードだったとしても年会費が税込11,070円かかります。
対してANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカードは、年会費が税込16,520円。切り替え前と1,400円しか変わらず、年会費の割引もワイドゴールドカードと同じく受けられます。

どのみち1万円程度の年会費を支払うなら、一般カードではなくゴールドカードを持ち、それをメインカードとして使ってしまえば一番効率がいいのではないか、という発想です。

また、月18000マイルまでというソラチカルートが毎月上限まで行っている場合には、(ボーナスポイント以外は、という条件付ではありますが)それと関係なくマイルにすることができるANA VISA ワイドゴールドカードが望ましいと言えます。

個人的に、地味に大きいのではないかと思うのがANAカードマイルプラスの存在です。
ANA航空券の購入など分かりやすいものはまあいいとしても、その他も対象店舗がそれなりに多いのがANAマイルプラスです。
0.5%上乗せされるだけでもLINE Payカード+ファミマTカードの還元率を超えますので、利用が多い場合はもちろんのこと、「どれが対象店舗なのかわからんけど、全部は把握できない。覚えておくのもめんどくさい。とりあえず全部ANA VISA ワイドゴールドカードで支払っとけばいいんじゃね?」という場合にも有効だと思います。

②エクストリームカードが最良となる場合
・カードの決済金額が年間30万円を超え、かつSFC修行を考えていない場合
・公共料金の引き落としなどに使うカードが他にない場合
個人的には、エクストリームカードは年会費を払ってまで持つカードではないと思いますので、年会費無料の条件である年間30万円の決済は最低条件です。
SFC修行を検討しているなら前述の通りANA VISA ワイドゴールドカードがお勧めですので、これも考えていない場合で、かつLINE Payカード+ファミマTカードでは実現できない「公共料金など定期的な支払いに用いるカード」が別にない場合には、エクストリームカードがお勧めできると思います。

③LINE Payカード+ファミマTカードが最良となる場合
・とにかく年会費を気にしたくない場合
・近くにファミリーマートがある場合
・海外旅行に行かない場合
年会費のかかるクレジットカードは持ちたくないが、年によってメインカードが変わるなどで決済の金額も変わる必要がある、という場合は常に年会費無料のLINE Payカード+ファミマTカードがお勧めです。
チャージにはファミリーマート店頭に出向く必要があるので、ある程度これが容易にできる環境でなければ現状使いづらいと言えます。
また、海外旅行保険の付帯がないので、海外旅行に行く場合には別のカードにメインカードを切り替えるか、併用することが望ましいでしょう。

以上、一面的な見方ではありますが、少し詳しく比較してみました。
個人的には、SFC修行を既に終えてANA VISA スーパーフライヤーズゴールドカードを持っているということもありますが、SFC修行をやって①にしてしまうのがいいのでは?という感覚です。

関連記事

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net