読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

「事前サービス」はプレミアムポイント積算の翌日から受けられる

f:id:romulus_k:20160730210433j:plain最終更新日:2017年2月18日
SFC修行における通過点「ブロンズ会員」「プラチナ会員」そしてゴールの「スーパーフライヤーズカードの発行」。

これらのプレミアムメンバーサービスは、達成のどの時点から受けられるのか、ということについて、ちょっと細かく見てみます。

プレミアムメンバー事前サービスとは

SFC修行の間、30000PPを超えるとブロンズ、50000PPを超えるとプラチナとなりますが、これらで得られるステイタスは「事前サービス」と呼ばれる状態です。
本会員はその次の年の4月から始まります。
本会員と事前サービスで受けることのできるサービスの違いの詳細については、以下の記事を参照してください。

www.romulus-k-anaume.net

今回の話は、例えば30000PPを超えてブロンズとなる場合に、「いつから事前サービスを受けられるのか?」=「事前サービスの開始日はいつか?」ということです。

プレミアムポイントの積算と反映

まず、プレミアムポイントが積算されるタイミングについて。
プレミアムポイントは原則として「フライトをした日」の翌日早朝(というよりは深夜ですが)に積算されます。
※ANA便利用の場合。スターアライアンス提携航空会社の場合は、公式には「搭乗から3日~1ヶ月程で積算される」とされています。
そしてプレミアムポイント積算の翌日の0時を過ぎると、会員ステイタスがANA SKY WEB(以下、「WEB」)に反映されます。

なお、これらの積算タイミング(というよりは表示タイミング、でしょうか)はWEBよりも「ANAマイレージアプリ」の方が若干早いです。

f:id:romulus_k:20161018222232j:plainちなみにステイタスごとに背景画面が変わっていて、真ん中の「ANAマイレージクラブ平会員」とその右横の「プラチナ会員」の違いがあんまりないなあと思っていたんですけど、実際になってみるとプラチナの方は結構な勢いでキラキラ光る演出が入っています。

具体的な自分の例で挙げると、確認したのが
2016/6/8 30000PP達成フライト
2016/6/9 プレミアムポイントが積算され、31342PPとなる
2016/6/10 6:00頃 WEB、アプリの表示がブロンズ会員になる
2016/7/10 50000PP達成フライト
2016/7/11 プレミアムポイントが積算され、50974PPとなる
2016/7/12 0:00頃 ANAマイレージアプリの表示がプラチナ会員になっているのを確認
2016/7/12 5:00頃 WEBの表示がプラチナ会員になっているのを確認
というような感じです。

事前サービスを受けられるのはいつから?

ではこの状態で、どの時点から「プレミアムメンバー事前サービス」が受けられるか。例として30000PP、ブロンズの場合を考えてみましょう。
①30000PPに到達するフライトをした日
②プレミアムポイントが積算された日(フライトの翌日。①から+1日)
③WEB、アプリの表示が変わった日(②からさらに+1日)

結論から言うとこれは③「WEBに会員ステイタスが反映された瞬間から」=プレミアムポイント積算の翌日から、が正解です。

プレミアムポイントが加算されて30000PP、あるいは50000PP、100000PPといった区切りの数値を達成しても、翌日になるまでは会員ステイタスには反映されません。
WEBやアプリの表示も、この1日だけ「30000PPを超えているのにブロンズじゃない状態」「50000PPを超えているのにプラチナじゃない状態」になります。

f:id:romulus_k:20161103020740j:plain

f:id:romulus_k:20161101221927p:plain
この1日がどちらの会員ステイタスにあたるか、ということなのですが、以前に上の7/11の時点でプレミアムメンバーデスクに電話してみたところ、この時点でプレミアムポイントは既に50000PPに達しているのに「ブロンズデスク」につながりました。
従って、WEBやアプリの表示が変わって初めてステイタスが変わると判断してよさそうです。
この問い合わせの話は、以下の記事でもうちょっとだけ詳しく検証しています。

www.romulus-k-anaume.net

ただ実際のところ、既にプレミアムポイントが30000PP達成しているということがわかっていて、「翌日から」ブロンズになることが確定している会員に対して「今日はまだプレミアムメンバーとしての扱いができないんですよね・・・」とするかどうかは微妙なところなんじゃないかと思います。
その1日にたまたまフライトが入るパターンはけして多くはないと思いますが、言ったらこっそり何とかしてくれそうな気もします。そのまま1日だけ時間が経てば確実にプレミアムメンバーになるとわかっているわけですので・・・
ただ逆に、後述する「3月までに30000PP以上を達成した場合」には、事前サービスが始まる4月までは特典を受けられません、という対応になるかと思いますので、どこかで線引きしなければならない、ということで意外と厳密に決められるのかもしれませんね。

公式ページの記載と実際の運用の違い

そして、なぜこのタイミングが問題になるかと言うと「公式ページに記載されていることとちょっと違う」からなんですよねー。
事前サービスについては、ANA公式ページにどれが事前サービスの対象で、どれがそうでないかを記載してあるページがあるのですが・・・

www.ana.co.jp

で、この中には「プレミアムポイント条件達成からサービスご利用開始まで」が「約2~3日後」となっているものと「約2~3週間後カード発送 ステイタスカードが届いた時点からご利用可能」となっているものがあるんです。
「約2~3日後」というのは、WEBやアプリの表示が変わった時から、という認識でいいと思います。
問題は「ステイタスカードが届いた時点から」の方です。

例えば、30000PPを達成してブロンズ事前サービスが始まったから、当日空港で当日アップグレードの空席待ちを行いたい、とした場合。
「空港での空席待ち」が優先されるのは、以下のように公式には「ステイタスカードが届いてから」とされています。

f:id:romulus_k:20161017230948j:plain

 「空港での空席待ちの優先お取り扱い」については
ステイタスカードのご提示をお願いしております。
ステイタスカードは、基準達成後約2~3週間程でお送りいたします。
ステイタスカードが届いた時点からサービスのご利用が可能です。
カードのお届けを早めることはできませんのであらかじめご了承ください。

これ、実際にメールで「30000PP達成の次のフライトが近いが、空席待ちの優先はいつから適用?」というのを問い合わせしてみた時のANAさんからの回答なのですが、こちらでも「ステイタスカードの提示が必要」となっています。

しかし、これは実際の運用とは必ずしもイコールではありません。

そもそもステイタスカードの発送時期や到着時期は人により差が出てしまいますし、特に国内線の場合は当日空港に持って行かない人も多いと思われます。
さらに、ANAマイレージアプリの画面には、ステイタスカードの提示に代わる「提示用デジタルカード」のモードがあります。
じゃあ実際には、どういう運用になるか。以下のどれが正解でしょう?
①達成後に郵送されるステイタスカードの提示が必要。
②ANAマイレージアプリがある場合のみ、提示用デジタルカードで代用が可能。
③どちらも必要がない。

これ、おそらく正解は「③どちらも必要がない。」です。

実際自分も、ブロンズ会員の表示になった次の日に当日アップグレードの手続きをしていますが、特にこちらから何も言わなくても平会員の「種別B」ではなくブロンズ会員の「種別A」になっていました。
一応ANAマイレージアプリもスタンバイしていましたが、提示を求められることもありませんでした。
つまり、一応「ステイタスカードの提示が必要」とはなってはいますが、
・マイレージアプリを使っている→表示が変わった時から利用可能
・マイレージアプリを使っていない→ステイタスカードが来るまで利用不可能
というような差は付けられていません。
会員番号に紐づけされたステイタス情報で管理されているため、ステイタスカードもアプリも、実際に提示が求められるケースはおそらくほとんどないのではないかと思います。

例外:3月までにブロンズ以上達成の場合

通常、このような形で「WEBやアプリ上での会員ステイタスが変われば、その時点から事前サービスを受けられる」という状況になりますが、そうならない例外があります。

それは、1月~3月の間にプレミアムメンバーの達成条件を満たした場合です。

例えば今、平会員の状態で1月からSFC修行を開始し、フライトを重ねて重ねて、1月に30000PPを達成、さらに2月に50000PPを達成したとします。
この場合、30000PPを超えるのは1月時点ですが、プレミアムメンバーの事前サービスが始まるのは4月以降のため、それまでの間は会員ステイタスに変更がありません。

f:id:romulus_k:20170218173134j:plain(ANA公式ページより画像引用)
公式ページの記載では、事前サービスの開始は「4月中旬から」となっています。実際にはもっと早くスタートするようですが、4月より前に始まるということはありません。

そのため上記の例の場合、2月時点でプラチナメンバーの達成条件を満たしていますが、4月になるまでは平会員のステイタスのままで、4月以降に「プラチナ事前サービス」がスタートする、ということになります。
この場合、ボーナスマイルやラウンジ利用などの特典を受けられるのは会員ステイタスの表示が変更になった時点からです。
獲得しているプレミアムポイントの数ではなく、あくまでもそれによる会員ステイタスの変動によって得られる特典内容が変わる、ということのようです。

まとめ

プレミアムメンバー事前サービスは、WEBやアプリのステイタス表示が変わっていれば(恐らく)全てのものがその時点から受けられる。
1日だけ起こる「30000PPだけど平会員」「50000PPだけどブロンズ会員」の状態は、基本的にはプレミアムポイントではなく表示に従ったステイタスの状態となる。

焦らなくても、SFC発行まで至れば後はずっとプレミアムメンバーです。
ただ、SFC修行中は特にフライトのスケジュールが過密になることも多いので、場合によってはこの知識が役に立つこともある・・・かも?
細かいなんてもんじゃない、知識の穴埋めでございました。