読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

Amazon CYBER MONDAYのKindleセールとDash Buttonがスゴそう!

f:id:romulus_k:20161206225715j:plain1日くらい乗り遅れた感のある話題ですけど、なかなかおもしろそうだったので取り上げてみます。
Amazonのビッグセール「CYBER MONDAY」(サイバーマンデー)と、新サービス「Amazon Dash Button」です。

年に1回、1週間限りのビッグセール「サイバーマンデー」

今年もこの時期がやってきましたか、という感じになります。Amazonのサイバーマンデー。
サイバーマンデーというのは本来は、アメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)の、次の週の月曜日のこと。
アメリカの感謝祭は結構な年末にかけての重要な商戦時期らしく、感謝祭の翌日の金曜日を「ブラックフライデー」と言って、一説には年間の半分の売り上げが1ヶ月に集中するとも言われているセールイベントということで、実際11月の終わりにはホテルのセールなども行われていてその界隈では賑わいを見せていました。
それに付随したような形で、ブラックフライデーの次の月曜日にオンラインショップで買い物する人が多くて売り上げが上がる、ということからこれがサイバーマンデーと言われるようになったとかならないとか。今では多くのオンラインショップが、このサイバーマンデーに合わせてセールを行っています。

Amazonは日本版のサイバーマンデーとして「12月の第2月曜日」を設定しています。つまり、今年は12月12日月曜日がその日にあたります。
そしてそれに関連して、毎年このサイバーマンデーの時期には大量のお得なセールが開催されるわけなのですが、2016年は本日12月6日から、来週の12月12日(=サイバーマンデー)までの間、1週間限定で割引率の高いビッグセールが行われています。

特に注目度が高いのは、プライム会員限定の「特選タイムセール」でしょうか。
PS4+ソフトのセットやNew3DSLL+ソフトのセット、スティックパソコン、ディスプレイモニターなどがその代表格として挙げられています。

個人的に注目しているサイバーマンデーに付随するセールはKindle本の50%ポイント還元本ですかね。
Kindle本自体、書籍として買うよりも安く、そしてすぐに手に入るという利点があるのですが、これに50%分のポイントが付くと言ったら、それはもう、買うしかないじゃないか!と。
対象になっている本自体は多くはなさそうですけど在庫切れを気にすることもないし、何冊か買おうかなと思っています。
こちらは12月6日から12月8日までの3日間限定となっていますので、チェックは早めにする必要がありますね。ブログ運営に役に立ちそうな本も結構設定があります。


その他に一般的な注目商品としては、Kindle本というよりかはKindle本体が挙げられるかと思います。PaperwhitePaperwhiteマンガモデル無印Kindleの3商品にプライム会員限定のクーポンが用意されています。

人気のKindleシリーズが12/12までの1週間のビッグセール実施中。プライム会員なら下記クーポンで最大61%OFF。
KINDLE Paperwhite 32GB マンガモデル用クーポンコード: 「KINDLE7800P」で7,800円OFF
KINDLE Paperwhite用クーポンコード: 「KINDLE7300P」で7,300円OFF
KINDLE用クーポンコード: 「KINDLE5500P」で5,500円OFF

Amazon.co.jp: Kindleクーポンキャンペーン: Kindleストア

プライム会員のみ対象(無料体験期間中は対象外)という条件付ではありますが、これは本当に安いと思います。
ただし実際にクーポンを適用した価格で購入ができるのは、3モデルの内1台だけ。この3モデルで比較するなら、一番お勧めはPaperwhiteマンガモデルかなあと思います。実際の一番の売れ筋もPaperWhiteマンガモデルみたいです。
2015年に新しくなったPaperwhiteは、以前よりもちょっと値上がりして普段の値段だとちょっとお高め、手が出しづらいところなのですが、だからといって無印Kindleにするのは主に画質的な意味であまり積極的にお勧めできないです。

解像度が、無印Kindleは167ppi、Paperwhite(マンガモデル含む)は300ppiですからね。文字を読むだけならまだそれほど差は感じませんが、それでもやっぱり、比べてしまうと全然違います。
まあ、2013年版の古いKindle PaperWhiteしか長く使ったことのない自分が言うのもなんですが・・・

ただ自分が使っている旧型のPaperWhiteより今のPaperWhiteの方がかなり画質もきれいですしね。特にマンガを多く読むのなら、ちょっとお金を出してでもいいモデルを買っておいた方がいい気がします。マンガモデルはストレージも32GBとその他のモデルより8倍も余裕があるので、プラス2000円(クーポンの差額が500円あるので実質プラス1500円)の価値は十分にあると思います。

Voyage、Oasisはセレブモデルという感じでちょっとお高いので、PaperWhiteマンガモデルが一番バランス取れてて必要十分なんじゃないかなあ、というところですかね。一番コストパフォーマンスに優れた製品だと思います。
32GBまでストレージがなくてもマンガを読まないのであれば十分ではあるんですけど、さすがに4GBはちょっと不安かな?とか、ね。

個人的に重要なのはAmazon Dash Button!

まあ、サイバーマンデーは1週間限定のセールですし、自分で買うわけでもないものをあまり強くお勧めするわけにもいかないので、主題ではないのです。
問題は「Amazon Dash Button」(以下、「ダッシュボタン」)なのです。

「ボタンを押すだけで、商品の注文が可能」。そう謳われた広告を見た瞬間、なんだこれ?と。

アレみたい。ネトゲやる時の、ワンタイムパスワード出すトークン?だったっけ?アレに似てる。

どんなサービス?と調べてみたら、なんかスゴそうですねこれ!

f:id:romulus_k:20161206231917p:plainWi-Fiにつないで、簡単セットアップ。
ボタンの代金は、実質0円。
(Amazon公式ページより引用)

ボタンを「ぽちっ」。お気に入りの商品が少なくなったと気づいたら、ボタンを押すだけで商品をお届けします。Wi-Fiに接続し、iPhoneやAndroidスマートフォンのAmazonショッピングアプリからお気に入りの商品を設定するだけ。あとは必要な時にDash Buttonを押すだけで注文ができます。新しい買い物スタイルをご体験ください。

ちなみにこれも、プライム会員限定の商品です。
Wi-Fiに接続して、ボタンを押したら設定された商品のAmazonの注文が確定するところまでいくというじゃないですか。
アメリカでは昨年にもうサービス始まってたんですね。いやーすごい時代になったもんだ。
それにしても、Amazonの勢いはすごいですね。特にプライム会員の特典はどんどん増えてきます。
昔は同じ年会費でお急ぎ便無料なくらいだったのにね・・・

そして自分の場合、何に魅力を感じたかってところなんですけど。
我が家はh&sのシャンプーとリンスを使ってるんですけども、ああなくなったなー、って気が付いた後も買うのを大体何日か忘れるんですね、これが。
毎日毎日夫婦2人してポンプをバシュバシュバシュバシュ押しまくるという光景が続くことがしばしばだったのですけど、もしかしてこれはその状況を打破できるのではないか?と。

でもこのダッシュボタンとやら、いくつか種類が限られてるみたいじゃないですか。パッと見た感じ、アリエールとかアタックとか、洗剤とかが多めなのかな?と。
日用品・・・のあたりにh&sのやつはないのか!!!!?

えーと・・・・

f:id:romulus_k:20161206232211p:plainあったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

ちょっと詳細を調べてみたところ、このh&sダッシュボタンから注文することのできる商品は全部で28種類。
シャンプー、コンディショナーの詰め替え用が主ですが、ボトルの製品もあるし結構幅広く使えそうな感じです。
常に1つストックしておくようにして、その保管場所の近くにダッシュボタンを置いておいて、使ったらポチッと押しておく、みたいな感じがいいんじゃないかと思っています。

でもこれ、例えばお子さんが連打とかしたらどうすんの?嫌いなやつにピザ大量発注するみたいな感じになるの?家にAmazonの段ボールが大量に届くの?

・・・と思ったら、そのへんの対策はちゃんとできるみたいです。

重複注文を防止
商品が届くまでボタンを何度押しても一回分の注文のみ。意図しない重複注文を防ぎます。(重複注文の防止をオフにする設定も可能です)また、商品の注文時に確認通知が届くので、注文内容を確認した上でキャンセルも可能です。

ちょっと現実に戻ればまあ、Amazonで普通に買う値段はあまりお得じゃないとか、買い物を忘れないようにすればいいだけの話だとか、実際には買い置きがあっても風呂に入ってからシャンプーが切れていることに気が付くから結局意味がない説とか、いろいろとまあ、あるんですけども。
使い勝手については何回かこれで頼んでみて届いて、ってのをやらないとはっきりしたことは言えないとは思いますが、ちょっと試してみたいなと思います。

なんかこう、近未来的な感じのする商品でちょっとテンション上がりました。