捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

My Sony新規入会キャンペーンで中学英語の電子書籍を買った

f:id:romulus_k:20170414232547j:plain海外旅行に欠かせないもの、と言えば何でしょうか。

数えあげればきりがないほど考えられるでしょうが、今回はほとんどの国へ渡航する際に立ちはだかる「言語の壁」、それを超えるためのスキル「英語」についての雑記です。

My Sony ID登録をしたら1000円分電子書籍が無料になった

先日、ソニーストアのアカウントである「My Sony ID」を登録したのです。

www.sony.jp

遠い昔に、何台かVAIOを使っていたりしていたこともあったのですが、ここ数年はソニー製品から遠ざかる状況にありました。

ちょうど2月に、ソニーストアだけじゃなくていろんなところのキャンペーンが重なった時期があって、それに合わせてデジタルビデオカメラを買おうかどうしようか迷ったんですよね。買おうかなという直前まで行ったのですが、これは結局買わずじまいで終わりました。
キャンペーンの存在を知ってから期限までがとっても短かったことと、デジタルビデオカメラを買うのならSONYとPanasonicの一騎打ちになりそうなのですが正直Panasonicの方が同じくらいのスペックのものを安く手に入れることができたりしそうだなあとか、iPhone5sを買い換えてiPhone7にしたらそれでしばらくは何とかなったりしないかなあとか、いろいろ考えていたら全然検討しきれませんでした。

で、まあとりあえずMy SONY IDへの登録をしておけば、定期的に10%オフクーポンが配布されたりするので、まあその内またいいタイミングが来るかもしれないと思って登録したんですよね。

そしたら登録してほどなくして、こんなメールが届きました。

【1,000円分のお好きな電子書籍進呈のご案内】
あなたの「My Sony ID」に1,000円分お届けいたしました

本メールは、2月にMy Sonyに新規入会された方で、
My Sony新規入会キャンペーンに当選されたお客様にお送りしています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
           【当選のご連絡】
あなたの「My Sony ID」にお好きな電子書籍が買える1,000円分が届いています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
                         (2017年3月1日発信)
                     ソニーマーケティング株式会社


このたびは、My Sonyにご入会いただき、誠にありがとうございます。
お客様はMy Sony新規入会キャンペーンに当選されました。
ご登録いただいた「My Sony ID」に、お好きな電子書籍の購入にお使いになれる
1,000円分をお届けしておりますので、ぜひこの機会にご利用ください。

※ Reader Storeでは紙の本は販売しておりません
  特典は電子書籍の購入にご利用いただけます

 1000円分、Reader Storeで電子書籍を買うことができるクーポンが当たりましたよ、という内容でした。

「当選のお知らせ」と書いてあるものの、おそらく、この「当選」というやつはきっと、100%かそれに近い高確率で当たるものだと思います。
期限は1ヶ月弱。3月中に何かしらを購入する必要があります。ただまあ、1000円分タダってのは大きいですよね。

SONYのReaderと言えば、電子書籍の王者と思われるAmazonのKindleが、まだ日本に進出していなかった頃からあった電子書籍リーダーです(よね?)。
楽天Koboとかと合わせて、一時期買おうかどうか検討していた時期もあったなあ・・・と思い出しました。個人輸入でKindle買おうかどうか悩んだりとか。ああ懐かしい。
結局は、電子書籍端末の購入はKindleの日本進出まで待つという形に落ち着いたのですが、今と当時と、ちょっと違うところがあります。

それは、スマートフォンやタブレットの普及によって、買った本を読むことができるデバイスが増えて、汎用性が高くなっているということ。

昔は電子書籍を買ったら、それでしか見られないというイメージがあったのですが、今はiOS用アプリもあればAndroid用アプリもあって、同じアカウントで使用していればどの端末でも同じ書籍が読めます。しかもWi-Fiに繋がっている状態なら、読み終わった位置に同期してくれたりとかします。
Readerもその例に漏れず、iOS用のアプリ、Android用のアプリ、PS Vita用のアプリがあります。つまり、SONY Readerを持っていなくても、普段使っているiPhoneやiPadでReader Storeで買った電子書籍を読むことができるのです。

そしてそれが1000円分ですからね。いやー、これは何か買うしかないでしょう。

そんなわけで検討したのですが、果たして何の本を買おうかと考えた時、思い付いたのが次の3点でした。

・英語に関する本
・料理に関する本
・育児に関する本

正確に現在までの経過を言えば、この3種類についてはどれもこの後何かしらの本を買っているのですが、この時まず頭に浮かんだのは「英語ができるようになりたい」ということでした。

2016年を除くと、自分の海外旅行経験は子供の頃のパリにまでさかのぼります。
2016年には中欧4ヶ国と台湾に行きました。海外旅行に年に何回も行くような人に比べればカスみたいなものですが、これまでの人生の中で、年に2回も海外旅行に行くことになるなどとは夢にも思っていませんでしたが、そのいずれも、まあ順当に言葉の壁にぶち当たりました。

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net

しかも、どちらもパッケージツアーでの旅行です。
中欧4ヶ国旅行は添乗員がいるので、完全にその方にお任せ状態。そもそもツアーなので、ツアー客相手の商売が多くて日本語ペラペラの店員がいたりしますし、現地語であるドイツ語・チェコ語・ハンガリー語・スロバキア語はもちろんのこと英語すらままならない状態でも、ほとんど苦労せずに旅行を楽しむことができたわけです。

台湾は添乗員こそいないものの、空港との送迎を主として要所要所では手助けしてもらえます。台風で搭乗予定だった飛行機が欠航になって次の日の便に振り替えになった時、中国語はおろか英語すら話せない自分らは、完全にJTB任せでした。あの旅行がもし個人旅行で、自分で何もかも手配しなければならない状況だったら果たしてどうなっていただろうかと考えると恐ろしいなと思うわけです。

日本語で思うことを英語にすることもできなければ、多少浮かんでくる単語も発音がなっていないので全く通じない。
文明の利器たるGoogle翻訳に頼ったところで、向こうから飛んでくる英語を理解することができない。

オーストリアではドイツ語しか通じない店があって困ったりしましたし、英語圏以外の国に行く時には英語ができればオールマイティー、ってことにはならないでしょうが、それでも世界の共通言語たる英語がある程度できているのとそうでないのとでは雲泥の差であろうと思うのです。

自分はこれから、マイルを貯めて特典航空券でビジネスクラス以上に乗ることが夢なのです。絶対に実現させたいのです。
つまり、マイル発券による個人旅行をしたいのです。
つまり、渡航先で何かしらのトラブルがあったら自分で解決しなければならないということです。

パッケージツアーではなく個人旅行を楽しむために、自分の中で「英語ができない」ということが、とても大きな壁として立ちはだかっているわけなのです。
せっかくマイルを貯めたところで、「いや、でも結局英語できなくて苦労するしな・・・」とか思って諦めるとか、悔しいじゃないですか。

そんなことを考えていた矢先、3月の末に「てるみくらぶ」の倒産事件がありました。発券済の航空券も、滞在先のホテルの予約も有効かどうかわからない。
既に渡航済の数千人が、自力で帰って来なければならないという状況に置かれたあの報道を見るにつけ、同じ状況に置かれたら果たしてどう行動することができるだろうかと思いました。
てるみくらぶの例が他の旅行代理店にもよくあることとは思いませんが、パッケージツアーなら安心とか思っていても、予測しない事態が起こる時は起こってしまうということです。そういう時には、自分たちのことは自分たちで解決しなければなりません。

そう考えると、いやー、今のままではいかんな、と。

だから自分は決めました。英語を勉強する、と。
英語を勉強するにあたっての方法論は世に溢れまくっていてどれが正しいのやらわけがわからなくなりますが、簡単なコミュニケーションにはまず中学英語を徹底的に使えるようにするべきだ、ということをよく聞きます。

まあ、日本語で言ったら、幼稚園児とか小学校低学年あたりの子が、長い文章しゃべったりできないとか難しい言葉使えなかったりとか、うまいこと日本語話せなくてもコミュニケーションはできるよね、というようなことでしょうか。

そんなわけで、自分が買った本はこちらです。

「中学3年間の英語を10時間で復習する本」。
電子書籍で販売されているものがそれほど多くなかったので探すのにちょっと手間取りましたが、購入してみて実際にちょっとやり直してみました。

今のところの感想。
さすがに中学レベルなので、文字で見るとそれなりにわかります。英文は読めるし、英作文も書けます。
でも本当に基本的なところを理解できていないんだろうなあ、という実感があります。そこには「a」が付くのか「the」が付くのか、とか。もっと単純に言えば、「I」「my」「me」「mine」というあの超有名なやつすら、理屈ではどれが何なのかわかっていても、とっさにそれが出てくるかと言われると微妙だったり。myだったらまだいいけど、hisになると微妙、とか、theirになるとわけわかんない、とか。

中学の時、それなりに英語を得意だったつもりでいましたが、あれは書いてある文章を読むというリーディングがメインだったので、英語を使える、ということにはならない上に常に100点取ってたわけでもないし、まあいわゆる「使える英語」では全然ないということなんですよね。

中学英語の復習と同時に、発音、リスニング、語彙、精読なんかも段階を追ってやっていくことが、使える英語にするための近道だそうです。

あっという間に挫折しそうな気もしますが、通勤中を主に使って少しずつ続けていきたいなと思います。
せめて話せなくても、向こうの言ってることがある程度わかるレベルまではたどり着きたい。

ブログに書いちゃったからやらなくなったら恥ずかしいなという意識が、継続につながっていったらいいな、と思っています。

・英語を使えるようになって、マイルで個人旅行に行く。
・その旅行について、ブログの記事にする。
・自分が英語を勉強していった経過について、ブログの記事にする。

また一つ、ブログを通じてやりたいことが増えました。
うん、ブログは楽しいなあ。継続は力なり。英語もブログも、力まずに続けていきたいなと思います。