捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

2017年11月SFC修行用!10月29日~11月30日の乗継旅割

f:id:romulus_k:20160922003014j:plain実践SFC修行検討用!2017年8月23日に、2017年10月29日~11月30日までの乗継旅割の運賃設定について、プレスリリースが発表されました。

この記事では、2017年10月29日~11月30日の乗継旅割の設定について、PP単価を考察します。

下限額PP単価10円切りの優秀路線

2017年10月29日~11月30日の乗継旅割において、下限額のPP単価が10円を切る路線は以下の通りです。










P
P
P
P


P
P
便

便

乗継
旅割
下限
乗継
旅割
上限
PP
単価
下限
PP
単価
上限
那覇 関西 新千歳 1108 999 2107 1734 1713 17,800 31,100 8.45 14.76
新千歳 関西 宮古 999 1359 2358 1710 1749 20,000 37,600 8.48 15.95
那覇 神戸 新千歳 1108 999 2107 3726 4821 17,900 29,800 8.50 14.14
新千歳 神戸 那覇 999 1108 2107 4820 3729 18,300 32,200 8.69 15.28
那覇 羽田 稚内 1476 1018 2494 460 571 22,300 29,300 8.94 11.75
稚内 羽田 那覇 1018 1476 2494 572 1097 22,300 30,400 8.94 12.19
大館能代 羽田 那覇 471 1476 1947 788 473 17,600 27,700 9.04 14.23
那覇 羽田 大館能代 1476 471 1947 996 789 17,600 30,100 9.04 15.46
大館能代 羽田 那覇 471 1476 1947 790 479 18,000 32,100 9.24 16.49
秋田 羽田 那覇 418 1476 1894 406 475 17,600 27,700 9.29 14.63
那覇 羽田 秋田 1476 418 1894 994 405 17,600 29,400 9.29 15.52
那覇 伊丹 松山 1108 238 1346 766 1645 12,600 17,700 9.36 13.15
那覇 伊丹 松山 1108 238 1346 770 1649 12,600 17,700 9.36 13.15
松山 伊丹 那覇 238 1108 1346 1638 767 12,600 17,700 9.36 13.15
那覇 羽田 小松 1476 316 1792 460 753 16,800 26,800 9.38 14.96
小松 羽田 那覇 316 1476 1792 754 473 16,800 26,900 9.38 15.01
那覇 羽田 小松 1476 316 1792 996 755 16,800 29,300 9.38 16.35
小松 羽田 那覇 316 1476 1792 756 479 16,800 31,300 9.38 17.47
佐賀 羽田 新千歳 876 765 1641 982 69 15,500 21,600 9.45 13.16
佐賀 羽田 新千歳 876 765 1641 452 55 15,500 28,100 9.45 17.12
那覇 伊丹 高知 1108 178 1286 764 1607 12,500 21,800 9.72 16.95
山口宇部 羽田 新千歳 765 765 1530 696 69 14,900 21,800 9.74 14.25
那覇 羽田 庄内 1476 327 1803 460 395 17,600 27,600 9.76 15.31
庄内 羽田 那覇 327 1476 1803 398 475 17,600 27,700 9.76 15.36
那覇 羽田 庄内 1476 327 1803 996 397 17,600 30,100 9.76 16.69
庄内 羽田 那覇 327 1476 1803 400 479 17,600 32,100 9.76 17.80
関西 那覇 石垣 1108 370 1478 1737 1781 14,500 21,100 9.81 14.28
石垣 那覇 関西 370 1108 1478 1764 1734 14,500 22,300 9.81 15.09
能登 羽田 那覇 310 1476 1786 748 473 17,600 27,700 9.85 15.51
那覇 羽田 能登 1476 310 1786 462 749 17,600 29,400 9.85 16.46
能登 羽田 那覇 310 1476 1786 750 479 17,600 32,100 9.85 17.97
山口宇部 羽田 新千歳 765 765 1530 3814 75 15,100 25,100 9.87 16.41
名古屋 那覇 石垣 1213 370 1583 3769 3749 15,700 22,100 9.92 13.96
新千歳 羽田 山口宇部 765 765 1530 62 697 15,300 22,500 10.00 14.71

11月の設定では、下限額PP単価が10円を切る路線は34便と大幅に少ない設定となっています。9月が98便、10月が136便あったことに比べると厳しい設定とも言えますが、10月との比較ではPP単価12円以下に限るとそれほど大きな差にはなりません。PP単価10円~12円程度の設定が多く見られる時期という印象で、SFC修行用としてどうとらえるかは微妙なラインかなと思います。

上限額PP単価12円切りの優秀路線

11月の設定では、上限額のPP単価が12円を切る設定はわずか1便のみでした。










P
P
P
P


P
P
便

便

乗継
旅割
下限
乗継
旅割
上限
PP
単価
下限
PP
単価
上限
那覇 羽田 稚内 1476 1018 2494 460 571 22,300 29,300 8.94 11.75


これまでの設定に比較して、全体的に高めの価格設定となっているようです。SFC修行用としてはPP単価を維持しつつ目的地の幅を増やしたいところですが、ある程度の出費を覚悟する必要がありそうです。
9月から新千歳空港のANAラウンジが新しくなったり、羽田発着便のプレミアムクラスのサービスが充実するなど、プレミアムクラスの利用が優位になる背景がありますので、乗継旅割の利用は限定的になってくるかもしれません。

関連記事

www.romulus-k-anaume.net