捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

SFC修行でゆいレールを使う場合の観光地まとめ

f:id:romulus_k:20161101221754p:plainSFC修行を国内線で行う場合、絶対に外せない行き先が「沖縄」です。

少ないながら自分の経験を含めて、那覇空港からゆいレールを使った場合に候補に挙がる行き先について、いくつか紹介・検討してみます。

那覇空港からの簡単アクセスゆいレール

ゆいレールのメリットは、何といっても空港からのアクセスが楽であるということです。

加えて特筆するべきは、1日乗車券の使い勝手のよさです。
ゆいレールの1日乗車券は大人700円。2日乗車券1200円もあります。

こういった1日乗り放題の切符のシステム自体は割とどこにでもあるものですが、ゆいレールの場合は購入後「24時間」「48時間」という時間での区切りであるということが特徴です。

例えば我らが札幌にも「ドニチカキップ」という、土日祝日地下鉄乗り放題の切符があります。
しかしこれは1日単位。例えば夕方に札幌に着いて地下鉄で移動し、さらに翌日の朝一で地下鉄移動がある場合、2回(2日分)の切符購入が必要になります。

ゆいレールの場合はこれが「24時間有効」ですので、夕方に那覇に着いて、翌日の朝にまた那覇を出発するというような修行パターンの場合に、日付を超えても買い直す必要がありません。

デメリットとしては、車両数が少なく混雑していることが多い、ということでしょうか。観光客も多いので、大きいスーツケースを抱えた人が多くいますしね・・・

ゆいレールの路線

2016年11月現在のゆいレールの路線は、那覇空港から首里駅までの全15駅です。
現在、さらに石嶺駅、経塚駅、浦添前田駅、てだこ浦西駅の4駅が延伸される予定で事業計画が進んでいて、2019年から開始される予定です。

那覇空港から首里までの所要時間がおよそ30分弱ですので、滞在時間がそれほどない場合でもゆいレールの駅近くであれば訪問する余裕が出ることも多いかと思います。

f:id:romulus_k:20161104232712p:plain

沖縄都市モノレール「ゆいレール」 ご利用案内―駅間距離 :: 所要時分

ゆいレールでどこまでも

それでは、主な行き先について考察してみます。
行ったことのないところも多くありますので、期待・想像・自分用メモなどなど入り混じっていたりしますがどうぞご容赦を。
知らんくせに変なこと書くんじゃない!とか、ここ書かないとかにわかかよ!とかありましたら、ご指摘ください。

1.赤嶺駅(那覇空港から4分)
赤嶺駅の周りには、これといって特に観光名所はないかと思います。ブックオフがあるくらいじゃないでしょうかね・・・?
ただ、赤嶺駅からは「瀬長島ホテル」への無料シャトルバスが運行されています。
多くの修行僧がこれを利用して、瀬長島ホテルの龍神の湯や、ウミカジテラスを利用しているのではないかと思います。
実際に自分も利用してみました。いいところですよねー。

f:id:romulus_k:20161019231705p:plainゆいレールで行く観光名所、という条件からは若干外れるのかもしれませんが、修行の際の行き先としては近いし非常にお勧めです。
飛行機自体が好きなら、カメラ持って写真を撮りに行くというのもいいかと思います。

自分の場合、天気が悪くて非常に残念な思いをしました。いつかリベンジしたいです。

www.romulus-k-anaume.net
2.小禄駅(那覇空港から5分)
小禄駅近くは、南側に集合住宅、北側にはイオン那覇店があります。
あまり修行向け、という感じではありませんがイオン那覇店にはA&Wも入っていますし、ご当地スーパーを見てみるということで良好なアクセス環境ではないでしょうか。

3.奥武山公園駅(那覇空港から7分)
奥武山公園駅と言えば!・・・・もちろん奥武山公園でしょう。
いやーここ、行こうかどうか迷って結局行かなかったところなんですよね・・・

沖縄県初の運動公園。セルラースタジアムをはじめとして、武道館、陸上競技場、テニスコートなどがあります。
修行僧の行き先としては、単に散歩するというだけでも楽しいんじゃないかと思います。かなり敷地広いですし。
敷地内に護国神社、世持神社という神社もあります。

奥武山公園・奥武山総合運動場 | 奥武山公園 沖縄県立武道館 (公式サイト)

4.壺川駅(那覇空港から9分)
ANAクラウンプラザホテル沖縄ハーバービューを利用するなら、ここ(またはこの次の旭橋駅)が最寄駅になります。

壺川駅は奥武山公園の東に位置していますが、この付近に何か観光名所がある、という感じではなさそうなのかな、という勝手なイメージです。

5.旭橋駅(那覇空港から11分)
旭橋駅と、この次の県庁前駅は近くにホテルも多いので滞在先として選択されることも多いんじゃないかなと思います。
自分が泊まった「KARIYUSHI LCH」も、旭橋駅と県庁前駅どちらからも徒歩5分程度、という立地で便利でした。

西に行けば有名な「ジャッキーステーキハウス」、東に行けば(県庁前駅近くを通って、ですが)国際通り。
アクセスのよいところ、というイメージです。

6.県庁前駅(那覇空港から12分)
旭橋駅と徒歩で行っても5分程度しか離れていない県庁前駅は、沖縄と言えばここ!という「国際通り」に一番近い駅です。
東西に広がる通りである国際通りの、西側の一番端まで徒歩数分、というところでしょうか。

駅前にはデパートの「リウボウ」などが入る商業施設「パレットくもじ」があります。
ウミカジテラス(瀬長島ホテル)からも、19:00、20:00、21:00の3回ここまでの無料シャトルバスが運行されていて便利です。自分も利用しました。

7.美栄橋駅(那覇空港から14分)
国際通りからは若干北に外れる位置にある美栄橋駅。

修行で利用することはあまりない駅かと思いますが、渡嘉敷島や座間味島など離島へのフェリーが運航されるターミナル「とまりん」の最寄駅です。

8.牧志駅(那覇空港から16分)
牧志駅は、国際通りの東側の最寄り駅です。国際通りは大体1.6kmですので県庁前駅から国際通りを通って牧志駅へ、という徒歩ルートも可能です。
西側は言わずと知れた観光地。ショッピング、食事などに使える駅じゃないかと思います。
牧志第一公設市場へ行くならこの駅です。

f:id:romulus_k:20161101215821p:plain
9.安里駅(那覇空港から18分)
ゆいレールのルートで見ると弧を描くような形になっていますが、直線距離としては牧志駅とさほど離れてはいません。
ゆいレールの公式ページでは沖縄の焼物屋や博物館が並ぶ「壺屋やちむん通り」の最寄駅として書かれていますが、南西方向に結構歩くので、牧志駅からの方がむしろ近いかな?という感じです。

ひめゆりの塔で有名になった「「沖縄師範学校女子部」と「沖縄県立第一高等女学校」がかつてあったことから、駅の南西にある通りが「ひめゆり通り」という呼称になっています。

10.おもろまち駅(那覇空港から19分)
何となく、「新しい商業地区」というイメージのある場所です。
「DFSギャラリア・沖縄」や「サンエー那覇メインプレイス」が近くにあり、免税品を探したりするなら一見の価値ありかもしれません。
自分が行った感じ、沖縄っぽさがあんまりないので、それを求めるなら別のところへ行った方がいいかな・・・という印象でした。

f:id:romulus_k:20161101220038p:plain

f:id:romulus_k:20161101220122p:plain沖縄県立博物館・美術館、新都心公園もおもろまち駅が最寄駅です。

11.古島駅(那覇空港から21分)
このあたりは観光地へのアクセスというよりも、地元の人たちの交通アクセスがメイン、という感じでしょうか。
駅の西側に集合住宅、東側にmaxplus 古島店というインテリアショップがあります。

12.市立病院前駅(那覇空港から23分)
那覇市立病院に連絡通路で直接つながった駅で、こちらも観光客が使うことはまずないかと思います。
駅の東側に末吉公園という広めの公園があります。敷地が広く、公園というよりは自然の道が広がっているという雰囲気もあるようです。

13.儀保駅(那覇空港から25分)
周辺は集合住宅の多い駅です。駅からまっすぐ南に向かうと首里城公園の北側にたどり着きますが、直線距離でも結構な距離ですので実際には首里駅から向かうことも方が多いかと思います。

14.首里駅(那覇空港から27分)
2019年に予定されている延伸までは終点の駅。
駅から西に向かうと20分くらいで首里城に着きます。

f:id:romulus_k:20161101220212p:plain
その他首里城に行った時の話は、以下の記事でも取り上げています。

www.romulus-k-anaume.net

まとめ

ゆいレールで行くことができる範囲だけでも、そこそこの観光スポットがあります。
国内線メインでSFC修行を行うとどうやっても訪れる回数が多くなる沖縄ですが、滞在時間に合わせて細かく駅が分かれているため便利です。

空港から外に出ない「空港タッチ」はさすがに物足りない、という場合に利用してみてはいかがでしょうか。