捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

2017年3月26日~2017年4月28日旅割75PP単価一覧

f:id:romulus_k:20160922003014j:plain実践SFC修行検討用!
2017年1月19日に、2017年3月26日~2017年10月28日搭乗分の旅割系運賃が発表されました。

この記事では、2017年3月26日~2017年4月28日の旅割75について、PP単価をまとめています。

PP単価10円切りの優秀路線

2017年3月26日~2017年4月28日の設定において、旅割75の運賃で、下限額と上限額がともにPP単価10円を切る優秀路線はありませんでした。
下限額のPP単価が10円を切るものは55便あり、以下の通りです。

出発
空港
到着
空港
獲得
PP
便名 旅割75
下限額
旅割75
上限額
PP単価
(下限)
PP単価
(上限)
神戸 那覇 1108 3729 7,900 12,900 7.13 11.64
那覇 神戸 1108 3724 7,900 14,400 7.13 13.00
那覇 伊丹 1108 766 8,300 15,900 7.49 14.35
神戸 那覇 1108 3725 8,800 12,900 7.94 11.64
関西 那覇 1108 1735 9,100 12,900 8.21 11.64
関西 那覇 1108 1731 9,100 15,900 8.21 14.35
那覇 神戸 1108 3726 9,200 14,900 8.30 13.45
那覇 関西 1108 1738 9,300 16,200 8.39 14.62
那覇 関西 1108 1740 9,300 16,200 8.39 14.62
那覇 羽田 1476 478 12,400 15,300 8.40 10.37
伊丹 那覇 1108 765 9,400 15,900 8.48 14.35
名古屋 女満別 1107 327 9,600 16,500 8.67 14.91
女満別 名古屋 1107 328 9,600 18,500 8.67 16.71
新千歳 神戸 999 4818 8,900 13,700 8.91 13.71
伊丹 新千歳 999 775 8,900 16,000 8.91 16.02
新千歳 神戸 999 4820 8,900 17,400 8.91 17.42
那覇 羽田 1476 460 13,300 15,300 9.01 10.37
那覇 羽田 1476 994 13,300 15,300 9.01 10.37
那覇 羽田 1476 462 13,300 15,300 9.01 10.37
成田 那覇 1476 2159 13,300 15,300 9.01 10.37
那覇 羽田 1476 464 13,300 16,500 9.01 11.18
那覇 羽田 1476 996 13,300 16,500 9.01 11.18
那覇 成田 1476 2158 13,300 17,200 9.01 11.65
羽田 那覇 1476 479 13,300 21,300 9.01 14.43
羽田 那覇 1476 473 13,300 22,100 9.01 14.97
羽田 那覇 1476 475 13,300 22,100 9.01 14.97
羽田 那覇 1476 477 13,300 22,100 9.01 14.97
羽田 那覇 1476 1097 13,300 22,100 9.01 14.97
神戸 新千歳 999 4819 9,100 15,500 9.11 15.52
神戸 新千歳 999 4821 9,100 15,500 9.11 15.52
那覇 神戸 1108 3730 10,100 17,500 9.12 15.79
神戸 那覇 1108 3723 10,200 15,900 9.21 14.35
名古屋 旭川 1029 325 9,600 19,000 9.33 18.46
旭川 名古屋 1029 326 9,600 19,000 9.33 18.46
伊丹 新千歳 999 779 9,400 15,500 9.41 15.52
伊丹 新千歳 999 771 9,400 20,700 9.41 20.72
羽田 那覇 1476 461 13,900 24,900 9.42 16.87
羽田 那覇 1476 993 13,900 24,900 9.42 16.87
羽田 那覇 1476 463 13,900 24,900 9.42 16.87
羽田 那覇 1476 467 13,900 24,900 9.42 16.87
羽田 那覇 1476 995 13,900 24,900 9.42 16.87
新千歳 伊丹 999 772 9,500 19,600 9.51 19.62
新千歳 那覇 2095 1693 20,300 26,300 9.69 12.55
那覇 新千歳 2095 1694 20,300 29,100 9.69 13.89
仙台 那覇 1695 1863 16,500 19,000 9.73 11.21
那覇 仙台 1695 1864 16,500 22,100 9.73 13.04
羽田 那覇 1476 469 14,400 25,000 9.76 16.94
羽田 那覇 1476 471 14,400 25,000 9.76 16.94
新千歳 伊丹 999 776 9,900 17,600 9.91 17.62
那覇 羽田 1476 476 14,700 17,200 9.96 11.65
那覇 羽田 1476 1098 14,700 18,400 9.96 12.47
静岡 那覇 1294 1263 12,900 14,900 9.97 11.51
那覇 静岡 1294 1264 12,900 18,500 9.97 14.30
新千歳 福岡 1323 290 13,200 19,900 9.98 15.04
福岡 新千歳 1323 289 13,200 32,900 9.98 24.87


伊丹・関西・伊丹と那覇の路線が上位を占めています。下限額に限って言えばそれなりに路線数があり、那覇と新千歳を中心に、区間マイレージが大きく普通席での往復でも獲得PPを伸ばすことができる路線が目立つ印象です。

上限額の順に並べた場合で、PP単価が12円を切る路線を挙げると以下の通りです。

出発
空港
到着
空港
獲得
PP
便名 旅割75
下限額
旅割75
上限額
PP単価
(下限)
PP単価
(上限)
那覇 伊丹 1108 1144 11,300 11,300 10.20 10.20
那覇 羽田 1476 478 12,400 15,300 8.40 10.37
那覇 羽田 1476 460 13,300 15,300 9.01 10.37
那覇 羽田 1476 994 13,300 15,300 9.01 10.37
那覇 羽田 1476 462 13,300 15,300 9.01 10.37
成田 那覇 1476 2159 13,300 15,300 9.01 10.37
那覇 名古屋 1213 304 12,800 12,800 10.55 10.55
石垣 羽田 1836 90 19,200 19,600 10.46 10.68
那覇 羽田 1476 464 13,300 16,500 9.01 11.18
那覇 羽田 1476 996 13,300 16,500 9.01 11.18
仙台 那覇 1695 1863 16,500 19,000 9.73 11.21
静岡 那覇 1294 1263 12,900 14,900 9.97 11.51
神戸 那覇 1108 3729 7,900 12,900 7.13 11.64
神戸 那覇 1108 3725 8,800 12,900 7.94 11.64
関西 那覇 1108 1735 9,100 12,900 8.21 11.64
伊丹 那覇 1108 767 11,100 12,900 10.02 11.64
伊丹 那覇 1108 1143 12,900 12,900 11.64 11.64
那覇 成田 1476 2158 13,300 17,200 9.01 11.65
那覇 羽田 1476 476 14,700 17,200 9.96 11.65
那覇 羽田 1476 468 15,300 17,200 10.37 11.65
那覇 羽田 1476 470 15,300 17,200 10.37 11.65
新潟 那覇 1578 1865 16,300 18,800 10.33 11.91
名古屋 那覇 1213 301 12,600 14,500 10.39 11.95
名古屋 那覇 1213 303 12,600 14,500 10.39 11.95
名古屋 那覇 1213 305 14,500 14,500 11.95 11.95
羽田 宮古 1737 87 18,000 20,800 10.36 11.97


この時期の旅割75のPP単価は、それだけをもって非常に魅力的!というところまでは言い切れないかもしれません。PP単価9円を下回る下限額付近での予約ができれば、十分に妥協点だとは思いますが。

2ヶ月+14日前にプレミアム旅割28や乗継旅割の予約を確保するテクニックが広まっているということもあって、プレミアム旅割28の予約がかなり難しくなっていると思われる現状があります。このため、あらかじめプレミアム旅割28に比較して席数の余裕があると思われる旅割の予約を確保しておく、というのも作戦の一つとしては有効と思われます。その場合は、PP単価10円を切るということを一つの目安として、運賃をしっかり確認して予約することをお勧めします。
ただし、普通席だけでの日帰り往復や複数路線乗継などを続けることはなかなか体力的に厳しい面があるかと思いますので、個人的にはどこかでプレミアムクラスでの搭乗を含めた方がいいかな、というところではありますね。

関連記事

www.romulus-k-anaume.net