読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

2017年6月SFC修行用!6月1日~6月30日旅割75PP単価一覧

f:id:romulus_k:20160922003014j:plain実践SFC修行検討用!
2017年1月19日に、2017年3月26日~2017年10月28日搭乗分の旅割系運賃が発表されました。

この記事では、2017年6月1日~2017年6月30日の旅割75について、PP単価をまとめています。

PP単価10円切りの優秀路線

ANAのプレスリリースにおいて、6月は他の月をまたがず、きれいに一つの区切りで発表されています。
まずは下限額を基準にして見てみましょう。
6月の旅割75において、下限額のPP単価が10円を切る路線をPP単価が優秀な順に並べると以下の通りになります。

出発
空港
到着
空港
獲得
PP
便名 旅割75
下限額
旅割75
上限額
PP単価
(下限)
PP単価
(上限)
羽田 那覇 1476 473 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 475 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 477 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 1097 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 479 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 460 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 994 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 462 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 464 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 996 13,300 13,500 9.01 9.15
成田 那覇 1476 2159 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 成田 1476 2158 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 478 13,400 15,300 9.08 10.37
羽田 那覇 1476 461 13,900 17,200 9.42 11.65
羽田 那覇 1476 993 13,900 17,200 9.42 11.65
羽田 那覇 1476 463 13,900 19,000 9.42 12.87
羽田 那覇 1476 467 13,900 19,000 9.42 12.87
羽田 那覇 1476 995 13,900 19,000 9.42 12.87
那覇 神戸 1108 3724 10,500 12,900 9.48 11.64
神戸 那覇 1108 3729 10,500 13,500 9.48 12.18
新千歳 那覇 2095 1693 20,300 29,100 9.69 13.89
那覇 新千歳 2095 1694 20,300 29,100 9.69 13.89
仙台 那覇 1695 1863 16,500 16,800 9.73 9.91
那覇 仙台 1695 1864 16,500 16,800 9.73 9.91
羽田 那覇 1476 469 14,400 19,000 9.76 12.87
羽田 那覇 1476 471 14,400 19,000 9.76 12.87
関西 那覇 1108 1735 11,000 12,300 9.93 11.10
関西 那覇 1108 1731 11,000 16,600 9.93 14.98
那覇 羽田 1476 476 14,700 17,200 9.96 11.65
那覇 羽田 1476 1098 14,700 17,200 9.96 11.65
静岡 那覇 1294 1263 12,900 13,200 9.97 10.20
那覇 静岡 1294 1264 12,900 13,200 9.97 10.20
福岡 新千歳 1323 289 13,200 16,900 9.98 12.77
新千歳 福岡 1323 290 13,200 16,900 9.98 12.77


PP単価10円切りの便は全部で34便。その内、那覇~羽田路線の一部、成田~那覇路線は下限額・上限額ともにPP単価10円を切る優秀路線です。那覇~羽田と成田~那覇についてだけ言えば、GW期間を除く5月の設定も同じPP単価ですので、5月中旬から引き続いて6月も安定した優秀路線であると言えるのではないかと思います。

上限額を基準にして見てみると、PP単価13円までを挙げた場合で以下の通りです。

出発
空港
到着
空港
獲得
PP
便名 旅割75
下限額
旅割75
上限額
PP単価
(下限)
PP単価
(上限)
羽田 那覇 1476 473 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 475 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 477 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 1097 13,300 13,500 9.01 9.15
羽田 那覇 1476 479 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 460 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 994 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 462 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 464 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 羽田 1476 996 13,300 13,500 9.01 9.15
成田 那覇 1476 2159 13,300 13,500 9.01 9.15
那覇 成田 1476 2158 13,300 13,500 9.01 9.15
仙台 那覇 1695 1863 16,500 16,800 9.73 9.91
那覇 仙台 1695 1864 16,500 16,800 9.73 9.91
伊丹 那覇 1108 767 11,100 11,300 10.02 10.20
那覇 伊丹 1108 764 11,100 11,300 10.02 10.20
関西 那覇 1108 1737 11,100 11,300 10.02 10.20
関西 那覇 1108 1739 11,100 11,300 10.02 10.20
那覇 関西 1108 1732 11,100 11,300 10.02 10.20
那覇 関西 1108 1734 11,100 11,300 10.02 10.20
静岡 那覇 1294 1263 12,900 13,200 9.97 10.20
那覇 静岡 1294 1264 12,900 13,200 9.97 10.20
那覇 羽田 1476 478 13,400 15,300 9.08 10.37
羽田 宮古 1737 87 18,000 18,300 10.36 10.54
宮古 羽田 1737 88 18,000 18,300 10.36 10.54
名古屋 那覇 1213 301 12,600 12,800 10.39 10.55
名古屋 那覇 1213 303 12,600 12,800 10.39 10.55
名古屋 那覇 1213 3769 12,600 12,800 10.39 10.55
那覇 名古屋 1213 3770 12,600 12,800 10.39 10.55
那覇 名古屋 1213 306 12,600 12,800 10.39 10.55
那覇 名古屋 1213 308 12,600 12,800 10.39 10.55
羽田 石垣 1836 89 19,300 19,600 10.51 10.68
石垣 羽田 1836 90 19,300 19,600 10.51 10.68
広島 那覇 975 1861 10,400 10,600 10.67 10.87
那覇 広島 975 1862 10,400 10,600 10.67 10.87
関西 石垣 1453 1747 15,700 16,000 10.81 11.01
石垣 関西 1453 1748 15,700 16,000 10.81 11.01
関西 宮古 1359 1749 14,800 15,000 10.89 11.04
宮古 関西 1359 1750 14,800 15,000 10.89 11.04
関西 那覇 1108 1735 11,000 12,300 9.93 11.10
名古屋 石垣 1566 579 17,300 17,600 11.05 11.24
石垣 名古屋 1566 580 17,300 17,600 11.05 11.24
福岡 那覇 805 1201 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1203 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1205 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1207 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1081 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1209 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1211 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1213 9,000 9,100 11.18 11.30
福岡 那覇 805 1215 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1200 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1202 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1206 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1208 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1210 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1212 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1082 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1214 9,000 9,100 11.18 11.30
那覇 福岡 805 1216 9,000 9,100 11.18 11.30
高松 那覇 1015 1621 11,300 11,500 11.13 11.33
那覇 高松 1015 1622 11,300 11,500 11.13 11.33
松山 那覇 910 1883 10,200 10,400 11.21 11.43
那覇 松山 910 1884 10,200 10,400 11.21 11.43
岩国 那覇 921 1267 10,400 10,600 11.29 11.51
那覇 岩国 921 1268 10,400 10,600 11.29 11.51
名古屋 宮古 1468 725 16,600 16,900 11.31 11.51
宮古 名古屋 1468 726 16,600 16,900 11.31 11.51
那覇 神戸 1108 3724 10,500 12,900 9.48 11.64
神戸 那覇 1108 3725 11,400 12,900 10.29 11.64
羽田 那覇 1476 461 13,900 17,200 9.42 11.65
羽田 那覇 1476 993 13,900 17,200 9.42 11.65
那覇 羽田 1476 476 14,700 17,200 9.96 11.65
那覇 羽田 1476 1098 14,700 17,200 9.96 11.65
那覇 羽田 1476 468 15,300 17,200 10.37 11.65
那覇 羽田 1476 470 15,300 17,200 10.37 11.65
那覇 関西 1108 1740 11,200 13,100 10.11 11.82
神戸 那覇 1108 3729 10,500 13,500 9.48 12.18
鹿児島 羽田 901 3776 10,500 11,300 11.65 12.54
羽田 鹿児島 901 3777 10,500 11,400 11.65 12.65
福岡 新千歳 1323 289 13,200 16,900 9.98 12.77
新千歳 福岡 1323 290 13,200 16,900 9.98 12.77
熊本 羽田 852 646 10,100 10,900 11.85 12.79
羽田 那覇 1476 463 13,900 19,000 9.42 12.87
羽田 那覇 1476 467 13,900 19,000 9.42 12.87
羽田 那覇 1476 995 13,900 19,000 9.42 12.87
羽田 那覇 1476 469 14,400 19,000 9.76 12.87
羽田 那覇 1476 471 14,400 19,000 9.76 12.87
那覇 羽田 1476 472 15,300 19,000 10.37 12.87
那覇 羽田 1476 474 15,300 19,000 10.37 12.87
羽田 鹿児島 901 3775 10,700 11,700 11.88 12.99


便数は全部で91便。GW期間を除く5月の設定ではPP単価12円以内の便数だけで84便、13円以内の便数が103便ありましたので若干優秀な便が少なくなっていますが、それでもある程度の数は確保されている印象でしょうか。

最近ではシンガポール・シドニーへ海外旅作を用いて行く方法やエアチャイナの格安ビジネスクラスを使ったSFC修行などでPP単価7円を切る設定があったりしますので、これらに比較してしまうと見劣りしてしまう印象があります。
ただし、あらかじめ運賃設定がわかることでスケジュール確保がしやすいという点、席数に限りがあるとは言え国内線プレミアムクラスや国際線プレミアムエコノミークラスに比較するとまだ予約確保がしやすいという点は、旅割75が勝っていると言える利点ではないかと思います。このあたりは考え方次第かなあ・・・という気もします。

自分の場合は、2016年の2月にSFC修行を決意し、そこからプレミアム旅割28の設定を中心に見てそれに合わせて行動する形でしたが、それでも7月にSFC取得を完了しています。PP単価12円程度までなら許容して、という状況ではありましたが、PP単価をそこそこ追求する場合でも今からのスケジュール立てであればそれほど焦らずとも年内のSFC取得は可能であると思います。

関連記事

www.romulus-k-anaume.net