捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

札幌市中央区「手作りハンバーグ工房 Toshi」のハンバーグがウマい!

f:id:romulus_k:20161204143736j:plain北海道民がやっているブログなら、たまには紹介したい北海道グルメ。
この記事では札幌市中央区にあるハンバーグ店「手作りハンバーグ工房Toshi」を紹介します。

手作りハンバーグ工房Toshiの基礎知識

まず、お店の基本情報について。
手作りハンバーグ工房Toshi
北海道札幌市中央区南一条西2-5 南一条Kビル B1F
<営業時間>

ランチ:11:30~15:00(14:30ラストオーダー)
ディナー:17:30~21:00(20:30ラストオーダー)
定休日:日曜日

地下鉄大通駅の南側の出入り口35番出口から出て徒歩数分の場所にあります。
札幌駅からのアクセスを考えるとちょっと距離がありますが、お店のかなり近くまで地下を通じて行くことができるので、冬でもまだアクセスしやすい方かなと思います。
新千歳空港から向かう場合は一旦札幌駅まで出てから大通に向かうか、新さっぽろ駅から地下鉄で向かう形になりますがいずれにしてもそこそこの時間がかかりますね。SFC修行のついでに行く場合には、ある程度の時間確保が必要です。
JR利用の場合、新千歳空港から札幌までが快速エアポートで約37分。地下鉄さっぽろ駅までの接続が5分~10分くらいで、そこから地下鉄南北線に乗って約2分で大通駅です。かかる交通費は1,070円+200円。
新さっぽろ経由で行くなら、新千歳空港から新札幌までが快速エアポートで約28分。地下鉄新さっぽろ駅までは結構距離があるので普通は15分くらいかかるかと思いますが、そこから地下鉄東西線に乗って約20分で大通駅です。かかる交通費は880円+320円。
素直に札幌駅まで出てきた方が若干行きやすいかな?という感じでしょうかね。

手作りハンバーグ工房Toshiの特徴

手作りハンバーグ工房Toshiのハンバーグの特徴は、牛肉・豚肉・鶏肉の3種類をミックスしていることです。非常に柔らかくジューシーな味わいです。
時間がたつことによってタマネギの水分や肉の旨味が外に抜けてしまうことを防ぐため、出来上がったハンバーグを4時間以内に出す、というのがこだわりのポイントです。

f:id:romulus_k:20161204150348j:plainお店の外観はこちら。
このビルの地下1階は飲食店街になっていて、店の前は数店舗共通の待合スペースになっています。
今回訪れた時にはこの手作りハンバーグ工房Toshiさんだけが8組ほどの待ち人数で、周りのスペースがこの店専用となるほどの混雑具合でした。
待ち時間も長くなることが多いですが、呼び出した時にその場にいないとキャンセルになってしまいます。
待ち時間を使って移動できないのは残念ではありますが、店の前にはメニューが5~6冊常備されているため、待っている時間を利用してじっくりとメニューを選ぶことができます。

以前、2年ほど前に一度利用した時にはそこまで混んでなかった気がするんだけどな…時間帯かな?と思ったら、今年の4月に「黄金伝説」で「即日完売グルメ」として紹介されてから1時間待ちの行列ができるお店になっていたようです。

8組待ちということで、まあ結構な時間待つことになるだろうなと思いつつ、待合スペースのテーブルが運よくあいていたのでそこでしばし待機。

f:id:romulus_k:20161204151233j:plain置かれているメニューの1冊を拝借して、じっくりとメニューを選びます。

f:id:romulus_k:20161204151545j:plainさーて何にしようか・・・

f:id:romulus_k:20161204151633j:plain現在、手作りハンバーグ工房Toshiの一番人気のメニューはこの「たっぷり山わさびハンバーグ」です。
山わさび=ホースラディッシュ。北海道では山わさびすりおろして醤油とかつおぶしでごはんのお供にしたりしますけど、本州ではあんまり食べないんですかね?
上の写真の注意書きでは「※ワサビに熱を入れていくと、辛さがどんどんやわらぎます」と書いてありますけど、本当にその通りに、時間がたつと急激に辛味がやわらいでいきます。食べ始めと食べ終わりでかなり辛味に差が出るのですが、逆に一番最初の一口はかなりツーンと来るので気を付けてください。苦手な人だと悶絶すると思います(笑)

今回、奥様と2人で行きましたが自分は「和風ハンバーグ+厚切りベーコントッピング」、奥様が「たっぷり山わさびハンバーグ」を選択しました。

f:id:romulus_k:20161204152247j:plain手作りハンバーグ工房Toshiのハンバーグは、トッピングメニューも豊富です。ロングソーセージやベーコンが人気どころみたいですね。付け合わせの野菜増量、もリーズナブルでお勧めです。

サラダ、ハンバーグ、付け合わせの野菜が全部ウマい

さてさて、待ってから1時間くらいで呼び出しとなり、店内へ。

f:id:romulus_k:20161204152944j:plain店内の座席数は24席。そこまで広くはないのですが、落ち着いた雰囲気です。

f:id:romulus_k:20161204153037j:plain箸袋の裏にはこんなメッセージが。

本日Toshiにご来店して頂き、出逢えた事に感謝致します。
楽しい時間を過ごして頂けたら幸せです。

何となく心が温かくなるようなメッセージですねー。こういうのいいですよね。

f:id:romulus_k:20161204153316j:plain手作りハンバーグ工房Toshiの売りは何かって言った時に、まあそりゃハンバーグだろってことに違いはないんですけど、自分が言っておきたいのはハンバーグだけじゃなくて「野菜」なんだよってことですね。

シェフから一言
新鮮な野菜!
安全な野菜!
おいしい野菜!
こんな事を意識して素材をさがし、ひと手間かけてお客様におだしできればと思っています。
いつの日か、野菜料理が主役になれればおもしろいかなとおもいます。

テーブルにはこんなシェフからのメッセージがあります。無農薬野菜を新鮮・安全、そして何よりおいしい状態で提供するために自社経営の農園を持つなど、並々ならぬ努力の影が見えます。

f:id:romulus_k:20161204153523j:plainはいこれ。ハンバーグの前に出てくるサラダです。
いやーこれがですね、ほんとうんめえの。なんていうんでしょうね、野菜の甘味?がしっかりしているというか。自分が言うと若干うさんくさい感じ出ちゃいますけど。
オリジナルのドレッシングがたっぷりかかっていて、これもめちゃくちゃおいしいんですけど、ドレッシングなしでも余裕で食べられそうな感じ。大根はみずみずしいしトマトは甘いし、ニンジンとかもマジでうんめえの。これほんと、食べてみてほしい。
「野菜料理が主役になれればおもしろいかなとおもいます。」と書くだけのことはある、主役になりうる野菜じゃないかなと思います。

ちなみに上の写真は今回のランチのものなのですが、ディナーになるとサラダのボリュームがちょっと増えます。

f:id:romulus_k:20161204154321j:plainこっちが大体2年くらい前に行った時のディナーで出てきたサラダです。
その日収穫した新鮮な野菜を使っているため内容はちょっと変わることもあります、ということなのですが基本の内容は同じようです。
それにしても前に利用してからもう2年もたっているのか…と思いましたが、その時と変わらずずっと提供されてるというのがすごいなと。

f:id:romulus_k:20161204154551j:plain待っている間に先に注文を聞きに来てくれていたので、座ってからは実にスピーディーに料理が提供されます。
こちらは自分が頼んだ「和風ハンバーグ+厚切りベーコン」。

f:id:romulus_k:20161204154749j:plainこちらが奥様の頼んだ「たっぷり山わさびハンバーグ」。ハンバーグの熱で辛味がなくなるのを防ぐために山わさびは別添えで提供されます。

f:id:romulus_k:20161204154902j:plain山わさびをかけるとこんな感じ。

ハンバーグは非常に柔らかくて、箸を入れると肉汁があふれ出すジューシーな仕上がり。いやー、幸せなおいしさ。んめーよーマジんめーよー

サラダ、ハンバーグの他に付け合わせの野菜もすごいおいしいんですよね。特に写真の上にちょっと見えるタマネギ。小さめのやつが半分、皮付きで提供されるんですけど、どうやって調理したらこうなるのかわかりませんけどすんげえ甘いの。なんていうんでしょうね、口に入れたらとろける感じ?すんげえ甘いの。

f:id:romulus_k:20161204155326j:plainおまけにもう一枚。2年前の写真ですけど、シャリアピンソースのハンバーグです。今でもたぶん、変わらない味が楽しめるかと思います。

まとめ

手作りハンバーグ工房Toshiの魅力とは…
文句なく美味しい柔らかいハンバーグと、新鮮な野菜を使ったサラダ。どちらもとても美味しく、行列ができるのも頷けます。開店アタックとかしないとずいぶんと並ぶお店になってしまったので若干行きづらくなってしまいましたが、行ったことない方は是非一度行ってみてもらいたいお店の一つです。

関連記事

www.romulus-k-anaume.net