読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

捕らぬマイルの皮算用~知識のANA埋め~

SFC修行、マイレージ、クレジットカード、資産運用、デジタルガジェットなどの知識の補足用ブログ

台湾・桃園国際空港第2ターミナルのシンガポール航空ラウンジ「シルバークリスラウンジ」利用記

f:id:romulus_k:20170109001149p:plain2016年9月に行った台湾旅行で、桃園国際空港第2ターミナルを利用しました。
その際、エバー航空のラウンジ「The STAR」を利用したのですが、その他にもSFC資格=スターアライアンスゴールドで利用できるラウンジとしてシンガポール航空の「シルバークリスラウンジ」があります。

こちらも利用してきましたので、写真多めで紹介します。

シンガポール航空ラウンジ「シルバークリスラウンジ」の基礎知識

f:id:romulus_k:20170109001454p:plainシンガポール航空のラウンジ「シルバークリスラウンジ」は、エバー航空のラウンジと同じく出国審査後のエリアの4階にあります。

エバー航空のラウンジの内「The STAR」は、詳細記事もありますのでよろしければご覧ください。

www.romulus-k-anaume.net

f:id:romulus_k:20170109001058p:image

f:id:romulus_k:20170109001405p:image場所としては、エバー航空のシルバー会員用&提携クレジットカード会員用ラウンジ「The CLUB」の近くにあります。日本からの利用で主になると思われる「The STAR」と「The INFINITY」とはちょうど逆側にあたる位置です。

f:id:romulus_k:20170109001243p:image上の写真に書いてある「現在位置」とは違う場所からの写真なので矢印の方向が逆で恐縮ですが、こんな案内もありました。

f:id:romulus_k:20170109001159p:image入り口はこんな感じです。
今回、利用しているのは台北→新千歳のエバー航空のエコノミークラスです。

「BY INVITATION ONLY」と書いてありますが、特に搭乗券の他にラウンジインビテーションをもらっていない状態でも、AMCプラチナ会員カードとスーパーフライヤーズラウンジカードの提示で問題なく入室できました。

f:id:romulus_k:20170109001131p:image利用資格は、シンガポール航空のファーストクラス利用者、ビジネスクラス利用者、シンガポール航空PPS CLUBのメンバー、クリスフライヤーエリートゴールドメンバー、そしてスターアライアンスゴールドメンバーです。

シンガポール航空のPPS CLUBというのは、12ヶ月の間にシンガポールドル25,000ドル(2017年1月8日現在のレートで約200万円くらい)以上利用した人がなれる会員です。クリスフライヤーエリートゴールドは、ANAで言うところのプラチナ会員に相当します。

f:id:romulus_k:20170109001053p:image受付はこんな感じ。向かって右側にラウンジがあります。

f:id:romulus_k:20170109001125p:image 受付から右を向いたらこんな感じ。最初に通る通路は若干狭めです。

f:id:romulus_k:20170109001223p:image

f:id:romulus_k:20170109001347p:image

f:id:romulus_k:20170109001210p:image

f:id:romulus_k:20170109001327p:image利用したのは午前9時頃でしたが、利用している人がほとんどいませんでした。2人くらいだったかなと思います。

1人用、2人用などいくつかの種類のイスが設置されています。広さとしては、エバー航空の「The STAR」に比べると半分に満たないくらいの広さでしょうか。
それほど広くなく、かつ細長くに広がっている空間、という印象です。

f:id:romulus_k:20170109001414p:image

f:id:romulus_k:20170109001334p:imageこのほか、ラウンジの奥に突き進んでいくとトイレとシャワールームがあります。

続いて、フードとドリンクを紹介していきます。

f:id:romulus_k:20170109001021p:image

f:id:romulus_k:20170109001029p:imageお酒に詳しくないのでどの程度の品揃えなのかわかりませんが、恐らく普通なんじゃないかな?という感じのラインナップかと思います。

f:id:romulus_k:20170109001015p:imageコーヒーマシンも設置されていました。左側にはティーバッグもあります。

f:id:romulus_k:20170109001315p:imageビールとか、ソフトドリンク類。ビールはキリン一番搾りもありますね。

f:id:romulus_k:20170109001341p:imageフードとしては、まず肉まん、シューマイなど。

f:id:romulus_k:20170109001142p:imageコーヒーマシンの近くに設置されていた、小菓子系のものたち。

f:id:romulus_k:20170109001308p:imageタマネギとジャガイモの炒めもの、野菜炒め、ビーフンでしょうか。だいぶブロッコリー多めですね。

f:id:romulus_k:20170109001040p:image紅豆桂圓紫米粥、「Red Bean with Black Glutinous Rice Sweet Soup」です。
もち米と小豆を使った台湾のスイーツ、だったかな?

f:id:romulus_k:20170109001230p:image「台湾特色料理 Braised Pork&Mushroom Rice 香茹肉燥飯」と書いてあります。
いわゆる魯肉飯です。

f:id:romulus_k:20170109001249p:imageこの魯肉飯の隣には、炊飯器があって白米が炊かれています。タイガー魔法瓶の炊きたて。日本製品大活躍ですね。

f:id:romulus_k:20170109001237p:image白飯を取って、いただいてみました。甘めのタレの味付けで美味しいです。お米は安心しますねえ・・・

f:id:romulus_k:20170109001321p:imageカレーみたいなやつ、スライスハム、スクランブルエッグ。

f:id:romulus_k:20170109001205p:image付け合わせの香の物(?)と、おそらくケチャップ。ケチャップはスクランブルエッグ用なのではないかと思います。

f:id:romulus_k:20170109001153p:imageもう一つ、興味深かったのがこちら。

f:id:romulus_k:20170109001136p:imageシンガポールの特色料理、肉骨茶と書いてあります。日本語で言うとバクテーと書かれることが多いようです。

マレーシアやシンガポールの鍋料理で、骨付きの豚肉を八角(スターアニス)とかシナモン、コショウ、ニンニクなどの香辛料と共に煮込んだ料理です。
八角が入っているので、これもアジアな香りが強い料理です。

f:id:romulus_k:20170109001359p:imageフタ開けただけだとスープしか見えませんが、下の方に結構ゴロゴロとした肉が入っています。

f:id:romulus_k:20170109001107p:image少しいただいてみました。肉も柔らかく、大変美味しかったです。お茶漬けのようにして食べることもあるそうで、先ほどの白米と合わせてもいいかもしれませんね。

f:id:romulus_k:20170109001255p:imageあんまり人もいませんでしたが料理も取らないのにフタを開けて写真だけ撮るのに心理的な限界を感じたので(笑)外からの見た目だけ。

皮蚤痩肉粥 Preserved Eggs and Lean Meal Congee。

たぶんピータン入りのお粥です。こちらも台湾のB級グルメですよね。

f:id:romulus_k:20170109002914p:plainカボチャのスープ。

f:id:romulus_k:20170109002929p:plainその他デザート類。クッキーとケーキがありました。

f:id:romulus_k:20170109002950p:plainその他にもサンドイッチとか。

ラウンジの広さとしてはエバー航空の「The STAR」よりは席数が少ないですが、フードのメニューとしては個人的にはこちらの方が好みでした。
魯肉飯と肉骨茶が美味しかったです。台湾旅行中、魯肉飯とか鶏肉飯とか、いわゆる屋台的な感じの台湾グルメを食べることがなかったのでなおさらでしたね。

フライト時刻にもよるのでしょうが、人は少なめのことが多いのかなーという印象です。スターアライアンスゴールドを持っている人の場合で言えば、まずはおそらくエバー航空の「The STAR」を素直に利用すると思うので。

エバー航空のラウンジと同様に、桃園国際空港は広くてラウンジを出た後搭乗口までが結構遠い場合が多いので、くつろぎすぎに注意ですね。

関連記事

www.romulus-k-anaume.net

www.romulus-k-anaume.net